バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のなすび 焼きなすの野菜マリネ

2012/10/24 10:20 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

インディアンサマーも先週末で終わりか?いつも青い空も雨が降りそうな曇り空。でもまだ寒くなくて蒸し暑い感じで日本で夏の暑い日に雨が降る前の感じと似ていた。雨の匂いか?湿度が多いとそんな懐かしい匂いがした。今週に入って夜から土砂降りの雨が降り出した。もう、雨期に入って冬がくるんだなと思う。

庭で見つけたモンシロチョウの幼虫はさなぎになったけど、雨期に入ってしまってチョウチョになるのを思案しているのかもしれない。2週間近くたってもさなぎのままいる。でも、私が心配しなくてもちゃんといい時期にチョウチョになるんだろうと見守っている。

先日のなすびの続き。もう一つ我が家で良く作る揚げ出しなすの変形版。栗原はるみさんの揚げ出しなすのレシピを友達に教えてもらってあんまり美味しいので何回も作っていたが、なすびを巣揚げすると結構なすびが油を吸ってあぶらっこい。よって胃にもたれる。ということで辰巳芳子さんの焼きなすマリネのレシピを参考にして焼きなすの揚げ出しにしてみたらこれが結構あっさりしていいのでした。

最近、ある方からなすびの南蛮漬けのレシピを教えてもらって焼きなすの揚げ出しに人参、タマネギなどの野菜を漬け込んで真似したらこれも又美味しいので全部のレシピの統合のようなもですが”焼きなすの野菜マリネ”と勝手に名前を付けました。良かったら作ってみてください。たくさん作って3、4日は冷蔵庫で保存できるので常備野菜としても活躍します。

材料)日本のなすび 8本(チャイニーズエッグプラントで大きいのなら3、4本)
   人参 細いのなら1/2本、大きいのなら1/4本
   セロリ 1本
   タマネギ 1/4個
   スィートペッパー(パプリカ)1/4個
   パセリかシラントロ(コリアンダー)大さじ1(好みで省いてもいい)
   調味料)
   醤油 大さじ6、酒大さじ6、酢大さじ3、砂糖大さじ1〜2、豆板醤(とうばんじゃん)小さじ1〜2、ショウガ、にんにくのみじん切り各小さじ1〜1と1/2 これらを小さい鍋に入れて火にかけ沸騰したら火を止めて置く。


作り方)
1)なすびを洗ってへたを取り食べやすい大きさに細長く切る。
DSCN8557.jpg

2)塩を小さじ1くらいかけて10分くらい置いて灰汁抜きする。10分後、軽く水洗いしてざるにあけ水気をとる。ペーパータオルや布巾で水気をとる。
DSCN8559.jpg

3)人参、セロリ(セロリは繊維を切るように薄く切る)、タマネギ、スィートペッパーを細い千切りにしてボールに入れておく。
DSCN8560.jpg

4)フライパンを強火で熱してから多めに油を入れてなすびが重ならない程度いれて強火で焼く。油が飛ぶのでふたをしてもいい。
DSCN8561.jpg
DSCN8562.jpg

5)なすびの裏表を焼くように片面に焦げ目がついたらひっくり返してもう片側に焦げ目をつける。なすびの中が膨らんで水分が出てきたら中まで焼けています。中まで焼かないと美味しくないです。
DSCN8565.jpg

6)調味料の入った鍋を中火にかける。そこに焼けたなすびを入れる。調味料が沸騰してきたら火を止め鍋に蓋をして2、3分置いてからなすびを取り出して野菜の入ったボールの上になすびを入れていく。
DSCN8566.jpg
DSCN8568.jpg

7)4〜6を繰り返してなすびが全部焼けてボールに全部入れたら残りの調味料をボールに入れて底の野菜となすびを混ぜる。あまりかき回すとなすびが崩れるので下から上へひっくり返すように混ぜてください。全部混ざったらパセリなどのグリーンをかけて出来上がり。すぐ食べても冷蔵庫にいれて後日食べても美味しいです。
DSCN8570.jpg
DSCN8573.jpg

少人数の家族で少なく作りたいときはすべての材料を半分にして作ってください。冷蔵庫で保存できるので便利です。なすびが嫌いな人もこれなら食べるという人も多いです。調味料は好みで変えてください。もっとスパイシーにしたい人は赤唐辛子を入れてもいいですね。




 





   
   


スポンサーサイト

他人事ではない火事、泥棒、ホームレス

2012/10/19 14:54 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(2) [Edit]

今週はまた暑い!実は今週やっとインディアンサマーが来たらしいです。私は2週間前の暑さがそうだと思っていたのですがそれはただの残暑だったのでしょうか?とにかく気分が悪くなるくらい昼間は暑いのです。幸い家の中、下の部屋は冷房なしでも涼しいので外に出たくない感じです。バークレーに住んで冷房をつけたことはありません。やっぱり秋なのか朝晩は冷えるのです。この温度差で風邪を引いてしまいました。

昼間の暑いさなかに消防車やパトカー、救急車なんかのうるさいサイレンが近所に響き渡ってました。今日、買い物帰りにふと見ると丁度、太郎の幼稚園の南側200メートルくらいのところの家が火事です。黒い煙がモクモクでていました。

バークレーは90年、100年くらい前の家が今も残っていて殆ど木造の家です。空気も乾燥しているので火がついたら一気に焼けてしまいます。本当に怖い!うちの家も90年くらい前から建ってますから人ごとではありません。2、3週間前も東側で火事がありました。なんか、毎年続いて火事が起こるので怖いです。気をつけなくては。どうか、火事にあった方も無事でありますように。

いろんなことが起こります。実は昨日は太郎の通っている幼稚園、小学校(同じ場所にあります)の近くの住宅に泥棒が入ってそのあと泥棒が学校の運動場にまで逃げてきたらしいのです。それで、警察の指示で学校は閉鎖されて教室に子供たち先生が閉じこもって避難するという事件がありました。泥棒は教室には入っていなかったのが幸いでした。そろそろ太郎を迎えにいこうと思った私たちに学校から電話がありその事件を知って本当に驚きました。犯人が銃や凶器を持っていたら、、、なんて考えるとこちらも生きた心地がしません。

幸い1時間後くらいに子供たちは親に引きわたされ私たちも太郎を家に連れて帰ることが出来ました。ここはアメリカだなとまた気が引き締まる思いがしました。うちの近所はみんなだいたい知り合いで比較的安全なので日本でいるときとさして変わらない気持ちでたまに裏や玄関の鍵がかかっていないまま一晩過ごしたこと等あって、、、何もなくてよかったと思います。危ない危ない。戸締まりしっかり確認しなくては!何ヶ月か前に隣に2回泥棒も入りました。怖い怖い。

2週間前に日曜日午後、車で出かけて帰ってきたところ、玄関に見知らぬ人がいます。見た感じホームレス。松葉杖を使っているようなので足が不自由な人のだと分かったのですが、うちの玄関は5、6段の階段を上らなければなりません。どうやって上られたのか?と疑問に思いながら裏からうちへ入りました。車で帰ってくるときはいつも裏からうちへ入るのです。そのうち玄関にいる人もどこかに行くだろうとみんな思っていたら、突然その人が松葉杖で玄関のとをバシバシたたいたり、叫んだりしているのです。ちょっと怖くて玄関の方をのぞくと、今度は玄関のドアについている郵便用の小さな開きをカチャカチャ動かして中をのぞこうとしています。いやだーこわい!

太郎が何事だと思ってみています。「マミー!あのひとだれ?」私もどう答えていいか分からず「分からない」としかいえません。主人がとうとう怒って外から玄関に向かって『Hey!!! What are you doing !!!』怒鳴りました。
主人はこういうときは本当に臆せず挑んでいくので私はいつもヒヤヒヤです。喧嘩になりませんようにと祈るばかりです。実は玄関の内側で真剣に祈っていました。それほど怖かったのです。

主人は警察を呼んでその人を見張るつもりでそばにいたのですが、いつしか隣に座り2人で話し込んでいます。そのホームレスのような人の話を聞いてあげているという感じでしょうか。実はその人の片足はなくてそれで松葉杖が必要なのでした。その姿を見て主人も怒りを鎮めたようです。その人の身の上に起こった不幸の数かすが見えるようだったのかもしれません。その人は私たちの家が古くて汚い、庭も良くないとかうちの悪口をいっぱい言っていたらしいです。それでも主人は警察が来るまでその人の悪口やつじつまの合わない身の上話を聞いていました。途中、その人に水も飲ませていました。話を聞いてもらえたからか、彼はだんだん怒鳴ったりしなくなりました。

警察、救急車、消防車(緊急のときに救急車みたいにくる)、ソーシャルワーカーなどが続々とうちの玄関に到着しました。主人は警察に家に入って待っているように言われて戻ってきました。何事もなくてよかったと思いましたがそれに反したような玄関先での物々しい騒ぎを窓から見ていました。太郎一人はもう、いつも憧れている本物のポリスやファイヤーファイターを間近で見れて大喜びでした。

その、ホームレスのような人はソーシャルワーカーの勧めで福祉施設に行くのも拒否し、病院にいくのも拒否。警察の言うことも聞きません。ずっとうちの玄関にいると言い出しました。4、50分その人は騒いでいましたがとうとう一人で怒って松葉杖をつかってスタスタと階段を下りてどこかに行ってしまいました。警察の話では今度もしまたきたら警察が逮捕しにくるとのことで事件は一応終わりました。私は主人に消防車や救急車がくる必要があったの?と質問したくらい大げさな感じがしたのですが、何もなかったからそんなことが言えるのかもしれませんね。

主人も私もどこかに行ってしまったホームレスの人のことが気になっていました。夕食のとき、彼はなにか食べれるのか?帰る家は本当にないのか?どこで眠るのだろうか?私は主人が水をあげたときに食べ物を渡そうかと思ったのですがしませんでした。渡せば良かったか?と主人に聞くと答えはありません。本当にどうすればいいか分からないのです。マザーテレサの本を昔読みましたがインドではカースト制度によって本当にどうしようもない貧しい人がいますが、自由で裕福なはずのアメリカにはもっと深刻な心の貧しい人がたくさんいると嘆かれていました。

この前、「愛の選択」ドン ミゲル ルイス著を読みました。http://www.amazon.co.jp/愛の選択-ドン・ミゲル-ルイス/dp/4795223807子供の頃はみんな無邪気で愛にあふれているのに成長する過程で感情は傷つけられてどんどんと幼い頃の無邪気さを喪失していくという問題、解決策。生きていく中で何が一番大切なのかと教えてくれる本でした。ホームレスの人も幼い頃は無邪気な愛らしい子供だったでしょう。なんていろいろ考えてしまう最近です。








本当のチーズケーキ

2012/10/15 14:58 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(2) [Edit]

前にも書いたと思いますが、私は乳製品のアレルギーがあるために乳製品はなるべく食べないようにしています。それでもパーティーとかでほんの少しチーズを頂いたり、特別の日のケーキの生クリーム等は時には美味しいなーと思います。

先日は義理の息子のヒカルの誕生日でした。今まではなんだかんだいってなかなかお祝いさせてくれないのだけど、今回は誕生日当日にあまり大げさにしないという約束で気軽に集まれる家族たちでお祝いすることになりました。それは私にとっては凄くうれしいことなので(継母としてはこんなことぐらいしかしてあげられないので)「何が食べたいか?」ときいてみたら、本当のチーズを使ったチーズケーキが食べたいと言いました。いつも私の作る豆腐チーズケーキではなくてもっとリッチなやつなんだけど、食べたことのない私には少し不安があったのだけど喜んでつくることにしました。

どうしてチーズケーキなのか?それはヒカルが1歳のときにグランマー(主人の母)に作ってもらったお誕生日ケーキが丁度それで、そのときの写真を先日、主人が見つけてみんなで見ていたときに思い出したらしいのです。凄く美味しかったんだろうな。。。早くもプレッシャーがのしかかってきた。早速、義母に連絡してそのときのレシピを貸してもらうことにしました。再現できるか?

まずは普段買ったことのないグラハムクラッカー、サワークリーム、棒状のクリームチーズ等を買いにいきました。正直、こんなにこってり使うのかと仰天!ローファットにしてもこんなに脂肪分の多い食べ物は1年に1回にしないと本当に健康に悪いと思いながら頭を切り替えて、普段あんまり使わない砂糖を買おうと思ったけど、白いお砂糖はやっぱり買えなくて茶色のココナッツパームシュガー(未精製)を買いました。
DSCN8510.jpg

義母のレシピは昔々の教会に行っていた頃、教会の人たちでつくった小さいレシピ本の中にあるものです。本当に簡単にしか書いていないので自分なりに作ってみることにしました。一応、作り方を載せます。

(チーズケーキの作り方)
1)ダブルグラハムクラッカー(シングルの場合は2倍)8個、無塩バター1/4カップ、砂糖1/4カップ
まず、グラハムクラッカーをフードプロセッサーに入れて砕く次に無塩バター、砂糖を加えてフードプロセッサーにかける。これがケーキに下のクラストになる。
DSCN8502.jpg
DSCN8503.jpg
DSCN8504.jpg

2)クラスとの生地をケーキの型にうつし底に指で押さえながら固く平らにする。そしてオーブン325°F(170℃)で8分焼く。焼けたら冷まして置く。

3)卵2個をボールに入れて角が立つまで泡立てる。(私はミキサーを使いました。)
DSCN8506.jpg
角が立つくらいになったら2、3回に分けて9OZ(1と1/8カップ)の量のクリームチーズを入れてミキサーにかける。その後2、3回に分けて1/3〜1/2カップ(私は1/3入れました)の量の砂糖を入れてミキサーにかける。完全に混ざったら止める。
DSCN8508.jpg

4)3をケーキの型に流し込む。そして325°F(170℃)で20分焼く。
DSCN8509.jpg

5)サワークリームのトッピングを作る。1/2Pt(1カップ)サワークリーム、大さじ3の砂糖、小さじ1のバニラエッセンスを混ぜる。
DSCN8511.jpg
完全に混ざったらチーズケーキの上に少しずついれる。この時に焼いたチーズケーキを少しさましてからサワークリム流し込む方がいいです。(私は熱いうちに入れたので焼いたクリームチーズの真ん中に穴があいてあら〜大変!ということになっていまいました。ご覧の通り下の写真のように表面はぼこぼこになってしまいました。あいた穴にサワークリームが流れ込んでしまったからです。。。大失敗です。涙)
DSCN8512.jpg

6)サワークリームのトッピングを入れてから325°F(170℃)で5分焼きます。そして出来上がり!

なんですが、、、私の出来上がりは酷いもので、ケーキの端に大小の穴があいてしまい酷いしあがりでしたので、急遽ブルーベリーソースを作って寒天を少々いれて上に載せちゃいました。これで穴は隠れるし、チーズのひつこさもブルーベリーが和らげてくれるのではと思ったのです。

やっぱり白い砂糖でないと綺麗な白いケーキにはなりません。なんだか仕上がりはモカチーズケーキって感じでした。

DSCN8536_sm.jpg
なんだかうまくできなくて本当に申し訳ない気持ちで一杯の私でしたが意外に美味しかったようでした。ヒカルも満足してくれたようでよかったー。後で味見した私の感想は『わー。豆腐のチーズケーキの方がおいしいな。。』でした。しかし、他の家族みんな、私の日本人の父までが本物のチーズケーキの方がおいしいというのです。複雑な心境でしたが何はともあれ『お誕生日おめでとう!ヒカル!』











秋のなすび

2012/10/14 14:10 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

日本では秋の美味しいものがたくさんでまわっているんだろうなー。秋はさんま、松茸、くり、サツマイモと秋の味覚をあげるときりがない。バークレーでも手に入らないことはないがやっぱり日本の方が美味しいんだろうなーと思う。

なすびも秋のなすびは美味しいと聞く。あんまり美味しいので「秋のなすびは嫁に食わすな」と言われたそうで、その意味は意地悪な姑さんがおいしい茄子を嫁に食べさすのはもったいないと言ったとか言わないとか、またはなすびは身体を冷やすので食べすぎて体調を崩さないように食べるなと言ったとか。どちらにしても秋なすびは人の心をいいようにも悪いようにも動かすんだなー。

なすびを使った料理で一番好きだったのは天ぷら。その次はなすの田楽だった。アメリカに住んでから変わってきて最近好きななすびの食べ方は”なすびとイタリアンバジルの炒めもの”やなすびの揚げ出しならぬ”なすびの焼きだし野菜マリネ”。どちらも簡単で日持ちするのでたくさん作るが、、、余らない。家族も好きである。

今日はなすびとイタリアンバジルの炒め物をご紹介します。一見、合わないバジルとなすとオイスターソースが食べると病みつきになります。

材料)
なすび(日本のなすびが一番いいがアメリカにいる人はチャイニーズエッグプラントでもいい)4、5本

イタリアンバジル(フレッシュなもの水洗いして水を切る)2、3本の葉だけちぎってそのまま使う。

塩 約、小さじ1

オイスターソース (又はみりんと醤油1対1混ぜたもの)大さじ1から2

油 大さじ1から2

作り方)

1)なすびを食べやすい大きさに細長く切ってボールにいれて小さじ1くらいの塩を混ぜて灰汁抜きする。
DSCN4993.jpg

2)10分後、なすびの切り口から茶色の汁(灰汁)がでてくる。それを軽く水ですすいで洗ってざるに入れて水気を切る。なすびの水分を布巾等でとる。フライパンを強火で熱して充分熱くなったところで油を入れる。そこに水気をとったなすびを全部入れる。このとき油が跳ねるので蓋をするといい。1、2分で一度フライ返し等でひっくり返す。箸を使ってかき混ぜて炒めるのではなくてなすびを表と裏焼いてる感じで火を通す。そして焦げ目をつける。途中、油を足してもいい。箸でかき混ぜるとなすびがくずれます。
DSCN5004.jpg

3)なすびに十分火が通ったらオイスターソースを入れてなすび全体に味がつくように混ぜる。このときも箸で炒めてるとなすびが崩れるのでフライ返しで表裏ひっくり返す感じで混ぜるのがいい。その後、バジルをいれてすぐ火を止める。
DSCN5005.jpg

4)また全体をフライ返しでひっくり返して混ぜて器にもって出来あがり。熱々をご飯とどうぞ!
DSCN5006.jpg

油の量とソースの量は好みで変えてください!炒めるときは最後まで強火で手早くなすびがとろっとなるまで火を通すのがコツです。







秋の大掃除

2012/10/09 14:16 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(2) [Edit]

インディアンサマーも終わって本格的な秋になってきました。もうすぐ雨期がくるんだな、と予感させられる大きな雲も空に浮かんでいます。まだお天気の続いているうちに掃除をしたいと思っていたら、5歳の息子太郎からいわれました。「マミー、太郎は自分の部屋にベットを置いて一人で寝たいから。だからベットを太郎の部屋に置いてー」ですって!!!やったー!幼稚園で友達が一人で寝ているというのを聞いて感化されたらしい。

「へー。。。太郎一人で寝てくれるの?マミーうれしいな!」そしてベットを太郎の小さな部屋へ入れるために大掃除を始めました。が、まぁ、、、あるわあるわ。おもちゃやら、なんやら。捨ててもいいかと聞くと「だめー。それは太郎の大事なもの」と紙くずのようなもでも言われるし。なかなか片付かないのでもう、お伺いせずに母は自分で勝手に片付けだした。

幼い子供一人でも家の中はおもちゃで一杯。家の下も2階も太郎のものだらけ。比べても仕様がないが、私の幼いときのおもちゃなんて小さい段ボール箱に1個くらいで片付いた。太郎の場合多すぎて片付かないし、最近のおもちゃは小さいパーツなどたくさんあってどれがどのパーツやら分からなくなる。でも、一つ、一つおばあちゃん、おじいちゃん、おばさん、おじさん、おにいちゃまが太郎のために買ってくれたんだからと思うと粗末に出来なくて結局主分けして片付けるのは私の役目になる。出来るなら、綺麗に残して次の世代に渡したいと思うおもちゃもあるから。

実際、木製の電車フルセットはすべて主人の妹の家からお古を頂いた。買うと結構高いのでありがたかった。太郎も大好きでよく遊んで新しい傷も増えているし、壊れたものは主人が修理した。

太郎の部屋に小さいクローゼットがあってそこには主人と私(殆ど私)の服や、鞄などが入れてあったが全部だして空っぽにした。そして太郎のジャケットやまだ大きすぎて着れない従兄弟からもらったジャケット等もかけた。あまりにガランとしているので本等を置いた。後は太郎が好きなようにクローゼットにハローウィンの飾りをしている。自分の部屋が出来てとてもうれしい様子で片付けながら私は「太郎も一人でやっと寝れるようになったか。成長したな。」と少し感慨深くなっていた。

ところがそう話はうまく進まない!「太郎はやっぱり一人で寝るのがイヤー。お部屋で遊ぶためにベットが欲しかったの」と言い訳がましいことを言い出して泣き出した。やれやれ。そしてまたいつもの川の字で寝ているのでした。

アメリカではたった2歳で自分の部屋を持たして一人で寝かせるのが多いそうだけど、私は出来なかったな。それって甘やかしていることなんだろうか?と考えさせられる。でも、大きくなれば嫌でも親から自然には慣れていくから今のところはいいではないかと思うこともある。

太郎の部屋を見るとクローゼットの下の方がジャングルになっている!庭のいらない木をもってきて自分で作ったらしい。「外から持ってきたの?わー!いやだー」と思っても我慢我慢。自分の部屋だからお任せしないと。よっぽどのことをしない限り母は知らない振りをすることに決めた。これも未来の息子の自立のためだと思って。それでも色々気になる自分がうっとうしい。
DSCN8461.jpg

今日は一日殆ど片付けをしていた。夕食はヒカルがピッツアを買ってきてくれるので私はサラダだけつくればいいので助かった。今日は久しぶりにZACHARY'S Chicago Pizzaを買ってきてもらった。ここのピッツアはサンドイッチみたいに分厚い。クラスト2枚の間にチーズやほうれん草、マッシュルームが挟んである。ラザニアピッツアの様でもある。1ピースで十分お腹いっぱい。それでも今日はペペローニとトマトソースどちらも頂いた。昨日はもう、カロリーの高いものは食べないでおこうと主人と言っていたのに。意志は弱い。明日から粗食にしようとまた誓うのであった。
DSCN8457.jpg

お弁当 in ランチボックス

2012/10/03 13:44 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

バークレーは夏でも涼しい。いや、地形的に夏だから涼しくなるのかもしれない。サンフランシスコと同じ。9月も半ばになって冷えてきた。フリースジャケットやセーターの重ね着と思いきや!9月末から10月に入って本当の夏みたいなのが来た。

インドのある地方では夏が二回来るらしい。それに例えて秋の暑さもインディアンサマーと呼んでいる。これが本当に暑い!久しぶりに身体から汗が出るもんだから皮膚がちくちくする感じがする。冷えたスイカもアイスクリームも食べたくなる。近所にプールがあったら泳ぎにいきたいほど暑い!霧もこないしお日様もかんかん照りで暑い!私も半袖やタンクトップ1枚と超薄着。

私は週2回息子の幼稚園にいって先生の雑用やら子供の世話やら手伝いにいっている。日本では考えられないけど、親がいろいろ学校のサポートをするのがここでは当たり前になっている。英語かスペイン語しか通じない学校にいるのは疲れるが子供たちとも仲良くなってだんだん楽しくボランティアできるようになってきた。

仕事があったり、まだ幼い子供の面倒を見なくてはならないので幼稚園にボランティアに来れない人は幼稚園で使用する備品を買って寄付したりする。1時間や30分でも何かできるなら来てヘルプする人もいる。私は親もクラスに何らかの関わりができていいことだなと思う。日本の学校で親が学校に来たら子供は「どきっ!」とするけど。こちらでは自分の子供じゃなくても子供たちや先生が喜んでくれる。ゲストを歓迎するという感じかな。

先生のヘルプが一段落すると子供たちが私を引っ張って「今度は私のヘルプしてー」と連れて行かれる。ヘルプと言ってもなるべく自分でやらせようと思ってアドバイスしたり褒めたり下手な英語でするだけ。

それでも大人の注目があると子供はなぜかがんばる。それがまた可愛いな。と、なんだか自分も先生気分で心もニコニコして温かいときに自分の息子が目に入り現実に戻って心も寒々しくなってしまう。。。全然やる気なしの息子。先生に何度も注意をされてもあまりピンと来ていない。先が思いやられる。私は見て見ぬ振りをつらぬく。先生も「だんだんそうやって習うのよー」なんて私を慰めてくれる。太郎のことは先生に任せようと思う。

学校から帰ってくると太郎だけでなくて私も結構疲れたなーと感じてしばらく何もしたくない。太郎が帰ってきてもっと家でダラダラ(学校でもダラダラですが)していると疲れているんだなと思ってしばらく放っておく。その後は「お腹すいたー」の連発でおやつを食べる。そのとき「どうして太郎はジュース飲んだらだめなの?」と質問してきた。

小児科でも子供にジュースを毎日与えないようにと言っている。ジュースは砂糖がたくさん入った炭酸飲料だけでなく100%の果汁のジュース(果糖は砂糖と同じ)でも与えないのが良い。与えるなら1日小さいカップ1杯が目安と太郎の小児科の先生は言っている。人間の身体には質の良い水がいちばんいい。その次は麦茶などの糖分が入っていないものと太郎にいつも説明して納得してもらうが、他のクラスメートはお昼ご飯にジュースを毎日持ってくる子供たちがいる。太郎はうらやましいのだろうが私はたまにはいいが毎日はだめだと言って彼は泣きべそになる。なんせ、私のたまには1ヶ月に1、2回だから。。。

アメリカのお昼ご飯は日本のそれとずいぶん違う。こっちではだいたいみんなランチボックス(小さいバッグ)を持っていてその中に昼食がはいっている。私は学校の手伝いでランチを食べるときも子供たちについていくので知ったのだけど、噂では聞いていたがびっくりした。ある子供のランチは甘いクリームをはさんだクッキーとオレンジジュースであった。クラッカーとミルクでもそんなのお昼ご飯じゃないと思うがこちらの方がまだまし。ホットドックやピッツアなんかもっといい方である。リンゴなんかも丸ごと入っていて子供たちは丸かじり。皮を剥いて塩水につけてからお弁当に入れる手間はない。

太郎には毎日、日本風のお弁当を持たせている。ご飯はおにぎりか、のり巻きで手早く食べれるようにして野菜やウインナー、卵焼きと日本では珍しくないお弁当。前の日の夕食の残りなんかも入っている。太郎のクラスメートにとっては珍しいお弁当で色々言われるらしい。でも恥ずかしいとかは思わないようで「なんで?そんなにめずらしいの?」って感じであまり気にしていないようだ。

アメリカでは肥満が凄く問題になっているのだけど、子供のうちから食生活のバランスがある程度守れないと大人になって病気にかかってから食生活を変えるのはとても難しいに違いない。学校でもランチが買える。給食のように野菜もあるのだけど子供たちの好き嫌いははげしい。買ったランチも殆ど食べずにコンポストに無駄に捨てられてもったいない。

私がお弁当を持たせる理由の一つが残してもって帰ってきたものを見れるし、話し合ってなるべく食べさせるようにしたいからだ。好き嫌いを作らないで食べ物を無駄にしないようにお弁当で教えているつもりなんだけど、周りの子供たちとのギャプに私も驚く。それでも貫くしかないなと思う。

アメリカ、ここバークレーでも健康的な食事にこだわる人が多いと思うが、実際には共働きで子供のいる忙しい家の現状は理想とかけ離れていることもあるんだと分かってきた。

だから学校でわざわざ小さい頃から調理実習があったり、畑での野菜についての授業があったりするのかと学校にいってみて納得するのだった。小さいことから栽培した野菜で料理を作ることに親しませなくては食事は外食するか出来た料理を買って食べるものばかりになりかねない。

実際にアメリカでは夕食を外食で済ませる人が多い。たまには外食も素敵だけど、やっぱり家庭の味というものがあって出来れば家族そろって家で食事をする機会を持つ方がいいなと私は思う。それは多分、私の両親が共働きで週1回しか家族そろって家の食事を食べれなかったからそう思うのかもしれないな。
DSCN7119.jpg
いなり寿司弁当 

DSCN7176.jpg
アボカドと野菜のり巻き弁当 のり巻きの具なんて何でもいい。冷蔵庫の野菜を細く切って野菜巻きとかでも美味しいです。息子はセロリが好きなのでセロリも巻いちゃいます。





プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2012 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。