バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太郎、自転車に乗る!

2013/02/07 15:03 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

DSCN9111.jpg

5歳の息子太郎がやっとこま(補助輪)なしで4日前から自転車に乗れるようになった!!!おめでとう!やっとやっと乗れるようになった。

太郎がもっと幼い1歳、2歳の頃、三輪車に乗る練習をしたのだけど結局三輪車のペダルがうまく踏めずこげずで3歳になっても三輪車に乗れなかった。そのあと、スクートをお誕生日に頂いた。スクートは小型の自転車にペダルがないもので太郎はすぐにバランスをとって乗りこなした。三輪車の事があったので運動神経が弱いのかと心配していたけどスクートはペダルがないのですいすい足て蹴ってスピードを出して太郎は別人のように暴走した。

4歳になってスクートも小さくなってきたのでこれまたお誕生日に頂いた小型自転車の練習をしたのだけどやっぱりペダルが全然出来ない。これが出来ないと自転車は乗れない。こま(補助輪)をつけてまずはペダルの練習をしたのだけどこまをつけていてもバランスがとれないし、ペダルを足の力でこげないものだから全く進まない。後ろから私が押して進ませるという状態で、本人も面白くないし、私も疲れてしまう。

それでも練習しなくては一人で乗れるようになれないといやがる太郎を説得して練習したがとうとう太郎が『もう、自転車にはのらない。自転車もだれかにあげて』と言うようになってしまった。なので半年ぐらい練習は休憩した。

同じぐらいの歳のお友達はほとんど自転車を一人で乗り回して楽しそう。それをみてうらやましかったり悔しかったりしただろうな。でもまた練習するとはなかなか言わなかった。私もほうっておいた。

昨年の暮れの冬休み、家の中にずっといるのも良くないので自転車の事を思い出して太郎も乗ると言ったので乗せたらペダルが前よりも力強くこげるようになっていた。幼稚園に行き始めて色々成長したなと思った。ペダルが問題なくできるとスピードが速くなるにつれて今度はこま(補助輪)が邪魔になる。という事でこまをとうとうとって練習となった。

こまをとるとバランスがとれなくてまた全然ダメ。ペダルもなにも、自転車をコントロールさえで出来なくなってしまった。仕様がないので私がハンドルをもって転けないように支えて練習したが私の腕が疲れて痛くなって練習をしばらくお休みした。

年が明けてもう2月!お天気の日は暖かい。太郎がまた自転車に乗りたいと言ったのでまた練習を再開した。そうすると身体も大きくなったせいか、前よりバランスがいいし力強いので私は支えるのをやめたら一人で2メーチルぐらい進んだのだった。

その感覚がとても気持ちよかったようで太郎はそれから毎日欠かさず自転車の練習をしてどんどん上達していく。今日は4日目もう、殆ど一人で乗れる。近所の公演周囲400メートルほどを一人で2周した。ブレーキもできる。上り坂でも力強くペダルをこいで進んでいく姿にちょっとほろりと泣きそうになった。。。また一つ親離れしたんだという少し寂しい嬉しい気持ち。下り坂もブレーキをうまく使いながら降りてきた。もう大丈夫だ!太郎も私も満面の笑みで帰宅。

子供の自転車が乗れるまでの話を長々と書いたのだけど、自転車だけではなくていろんな事をこうやってすんなり行かずに苦労しながら獲得していくんだろうなと思う。私はいつまで手伝えるか分からないし、私の考えはなるべく子供から手を引くようにする事。助けが必要なら手を出すというのが私の理想。私も子離れの練習中である。



スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。