バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『僕の後ろに道はできる』大阪1000人上映会!

2013/02/19 14:16 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

再び、3月20日(水)13時から大阪中央公会堂(淀屋橋)で行われる『僕の後ろに道はできる』の映画のフルバージョンの1000人上映会が迫ってきました!大阪もしくは他の都道府県のみなさん是非!足をお運びください!当日はかっこちゃんこと、山元加津子さんもいらっしゃいます。そしていろいろな楽しい事をかっこちゃんは考えていらっしやるようです。岡山で好評だった手芸店もあるそうです。

以下、監督の岩崎靖子さんからのメッセージです。

”大阪の1000人の上映会まであとひと月余りとなりました。靖子ちゃんからのメール
です。
・・・・
こんばんは~!岩崎です。
「僕のうしろに道はできる」初上映会、374人/1000人まできました。“市役所に飛び
込んだよ”“会でチラシをお配りしてもらいます”“応援しています” 渦が起き始
めていることを感じます。クリキンディの1滴のように、その1滴がどんどん集まり
始めています。あと1か月と少し、必ず満席でみんなで感動と希望と勇気に溢れて一
緒に時を過ごしているイメージで、やります。スタッフのみんなも今、当日の会場の
下見や、みんなでTシャツを着てお迎えしようかなど、わいわいがやがや考えていま
す。

それから、初上映会のことを取材してもらったらと言っていただいて、そうだそう
だ、初上映会で終わってしまってはいけないのだ、常識を変えるゴールを達成するた
めには、その先の先の先を見据えておかないと、と思いました。ついつい目先の目標
に一生懸命になってしまいます、蟻の目と鳥の目の両方が必要ですね!お力を貸して
下さっているみなさま、お心を寄せてくださっているみなさま、ありがとうございま
す!えばたさん、お手紙大作戦、取材してもらったらのアドバイスなど、ありがとう
ございます^0^
ブログやメルマガなどでの応援告知も大歓迎!

**************************
新しい常識を、一人一人のあたたかいハートで創る時がやってきています
かっこちゃんこと山元加津子さんと宮田俊也さん出演ドキュメンタリー映画
「僕のうしろに道はできる~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~」初上映イベント
関東3月9日(←満席御礼) 関西3月20日 愛は命を立ち上がらせる 絶望から生まれ
る希望のシンフォニー

脳幹出血で突然倒れた宮ぷーこと宮田俊也さん。意識も戻らず、一生四肢麻痺と思わ
れましたが、現在は、機械を使っておしゃべりしたり、車椅子に乗って外出したり。
奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。体を起こすこと、あきらめずにリハビリ続ける
ことで、命は必ず立ち上がる。しかし今、植物状態と言われる方は意識がなく回復の
見込みなしとされることが当たり前。でもそうではない。誰もが意識があって、伝え
たい気持ちがあって、回復の可能性があることを常識にしたい!世界中で深い孤独に
閉じ込められた人が再び、生きる希望を見出してほしい!かっこちゃんは立ち上が
る。そして、たくさんの仲間たちが現われる。どうぞ新しい常識を創ることに力を貸
して下さい。この映画を観て下さい。人と人はここまでも力を引き出し合い、うれし
い未来を一緒に創れるんだと、喜びあいたいです。
・・・・”

続いてかっこちゃんのメッセージです。
”他の場所(沖縄、豊橋、日野、横浜など)でも上映を次々に決めていただいていると
のこと。 http://www.heartofmiracle.net/schedule/schedule05.html
本当にうれしいです。詳しくは、ハートオブミラクルのHPで見てくださいね。大阪の
上映会にはわたしも行きます。柴田先生も来てくださって、お話し下さるそうです。
この「僕のうしろに道はできる」の映画。本当にいい映画になっているなあとわたし
は思うのです。私も感動して何度も涙が出ました。紙屋先生のところで、涙。柴田先
生のところでも、涙が出て、そして、まーくんのところでも、またすごく泣いて、
いっぱい泣いて、そして笑って、ああ、本当にいい映画だなあとしみじみ思う映画
に、靖子ちゃんは作ってくださいました。

ぜひ、大阪にも1000人の方に来ていただきたいのです。だから、私も、いろいろな方
に一緒に観ましょうとお誘いしています。そして、今は、スノウメダルを一生懸命
作っています。きっと勇者のメダルも間に合うと思います。この映画で伝えたいこと
はみんな回復の可能性があるということがひとつですが、もうひとつの柱は、みんな
誰でも思いがある、言葉を心に持っているということです。國學院大學の柴田先生は
映画にも出演されておられますが、ずっと重い障がいの方に関わってこられて、実は
だれもがみんな言葉を持っていたんだと言うことに気がつかれ、その方の思いを言葉
にされることをずっとされています。

國學院大學で開かれていたきんこんの会から生まれた鴻巣きんこんの会があります。
そこで子どもさんたちが伝えておらえる言葉を、あゆみちゃんがフェイスブックで、
「きんこんの会 記録帳」というページで公開してくださっています。そこには、語
られたご本人の笑顔やお名前もあり、私はそのことにも、本当にうれしい気持ちで
いっぱいになるのです。少し抜き出させていただきました。
https://www.facebook.com/#!/pages/%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AE%E4%BC%9A%E8%A8%98%E9%8C%B2%E5%B8%B3%CF%86-/544546678903054?fref=ts)”
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。