バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『僕のうしろに道はできる』の上映会!!!

2013/03/04 15:42 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

早いもので、3月に突入しましたね。いよいよ岩崎靖子監督の映画『僕のうしろに道はできる』の上映会が迫ってきました。お近くにお住まいの方、興味のある方は是非、上映会に行っていただいて今までの”常識”を見直していただきたいと思います。私は昨年の8月にこの映画のショートバージョンをサンフランシスコで拝見しました。アメリカ人の主人とともに感動して多くの人たちにこの映画を観ていただきたいと強く思いました。以下は上映のについてのお知らせです。メルマガから抜粋です。

いよいよ、あと一週間余りで、初上映会が東京であります。広い範囲の脳幹出血を起
こして、宮ぷーの意識が回復することすら、誰もありえないと思っていたころに、
たった一人、わたしのいうことを信じてくれた人がいます。それが、岩崎靖子ちゃ
ん。「僕のうしろに道はできる」の監督さんです。「本当に治るんだね。だったら、
私、映画を撮るよ」靖子ちゃんが言ってくれたのが、映画撮影の始まりでした。
たった一人でも、わたしの言うことを心から信じて、同じ未来をみつめてくれる人が
いたら、がんばれるんだということを靖子ちゃんは教えてくれました。そして、思い
も伝えられず体のどこも動かせなかった宮ぷーにとっては、わたしがその人にならな
くてはならないとも思いました。

映画ができるということは、私にとって、本当に大きなことでした。それは、私自身
の後悔とも向き合わずにはいられなかったからなのです。私は、30年間に出会った
子どもたちから、誰もが思いがあると言うこと、そして、みんな回復する可能性があ
り、方法があるんだと言う真実を、教わりながら、多くの方に、この大切なことを、
本当にしっかりと伝えることをせずにきました。そのことにずっと後悔がありまし
た。
靖子ちゃんが寝る時間も惜しんで、一生懸命作ってくださったものは本当に素晴らし
い映画となりました。映画はできたからいいというのではない、観ていただかなけれ
ばならない。そして、知っていただきたいという思いがいっぱいの私。でも、いった
いどのようにしたら、多くの方に知っていただけるのだろうと思いながら、一日一日
を過ごしてきてしまいました。そんなときに、靖子ちゃんからメールが届きました。
靖子ちゃんのメールです。

・・・・
いよいよ「僕のうしろに道はできる」初上映会が迫ってきました。それから、映画館
での上映ももうすぐです。

映画館での試写会が行われましたが、そのときに、「これはすごい映画だ。多くの方
に観ていただきたい」という声もいくつも聞かれて、とても心強く思いました。

私もどうしても、この映画は、たったいまのこの社会にとても必要な映画になった
と、自負しています。映画館の方が、マスコミの方にまず初上映会に来ていただくこ
とが、大切だということを教えていただきました。そこで、わたしたちもマスコミの
方にお知らせ大作戦を開始したいということになりました。けれども、わたしたちの
力だけでは、限られています。ぜひみなさんのお力をお借りしたいのです。みなさ
ん、お知り合いに、マスコミの方はおられませんか?あるいは、他にも方法がないで
しょうか?

以下のことを考えてみました。
……
1.お知り合いのマスコミ関係の方に取材をお願いいただく
2.新聞やテレビなどで、取材のネタを募集しているところに
  連絡する。
3.映画のメッセージに興味を持ってくれそうな新聞記事を
  見つけたら、その記者の名前をチェック。その人あてに、
  情報をFAXし、できれば電話してFAXした旨伝える。
……
ぜひ、みなさん、お力をお貸しください。どうぞよろしくお願いします。

以下が、お知らせいただきたい情報です。
******
「映画を通して新たな常識を創りたい、初上映会開催
 ~植物状態でも意識はあるし、回復の可能性はあるということ~」

 植物状態と言われる状態でも、意識がありまた回復の可能性がある。
そのことは、まだ医療業界でも知られていません。映画「僕のうしろに道は
できる~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~」は、ある日突然脳幹出血で倒れ、
一生植物状態で体も麻痺して二度と動くようにはならないと宣告された宮田俊也さん
の回復の道のりを追った作品です。

 彼の同僚で特別支援学校教諭の山元加津子さんは、子ども達と接した体験から、
どれほど障がいが重くても、意識がある可能性高いこと、適切なリハビリで
劇的に回復していくことを感じ取っていました。実際、宮田さんの病室に毎日通って
宮田さんは意思伝達装置を使って、コミュニケーションできるようになり、
現在は車いすで散歩できるまでになってます。

 医療業界でも紙屋克子さんという看護師が10年前から同様の事に気づき、リハビリ
プログラムを開発、講演などで訴え続けえてきました。しかし、医療制度の壁などで
残念ながら広まっていません。国内では、5万5千人が植物状態と言われる状態にあ
る、 と言われますが実際には、その何倍もの患者がいると推定されています。
 世界中で意識がありながら「植物状態」とされて、意思伝達の可能性を閉ざされ、
体の自由を失ったまま生きている方がたくさんいる。映画を通して、この現実を変え
ていきたい。アメリカでは2012年夏、35分短縮版の先行上映を行ない、「希望が見え
た、たくさんの人に見せたい」などの反響が多数ありました。

3月には市民ボランティアが集まって初上映会を開催します。新たな常識を創る第一
歩となる一日をどうぞ取材いただきたく、ご案内を差し上げました。お越しを心より
お待ちしています。
関東 3月9日(土)12時30分~北沢タウンホール(下北沢) 
http://heartofmiracle.net/hotnews/hotnews001201226.html 
関西 3月20日(水・祝)13時~大阪市中央公会堂(淀屋橋)
http://heartofmiracle.net/hotnews/hotnews002201226.html 

続いて、各地で上映されます。
http://heartofmiracle.net/schedule/schedule05.html 

映画ホームページ「僕のうしろに道はできる~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~」
http://www.bokunomichi.net/ 

宮田さんの事実、植物状態からの回復方法をまとめたホームページ
「白雪姫プロジェクト」
http://www.shirayukihime-project.net/ 

【本件に関するお問い合わせ】
〒664-0898 兵庫県伊丹市千僧5-91-1アルビス伊丹千僧9-302 
NPO法人ハートオブミラクル
電話080-3848-9401 担当:三浦(10時~17時水・日祝休)FAX:072-747-2118 
toiawase@heartofmiracle.net http://www.heartofmiracle.net/
・・・・


【本件に関するお問い合わせ】
〒664-0898 兵庫県伊丹市千僧5-91-1アルビス伊丹千僧9-302 
NPO法人ハートオブミラクル
電話080-3848-9401 担当:三浦(10時~17時水・日祝休)FAX:072-747-2118 
toiawase@heartofmiracle.net http://www.heartofmiracle.net/
・・・・
以下、かっこちゃんこと山元加津子さんのメッセージです。

靖子ちゃんが書いてくださいました。私からもどうぞお願いいたします。お知り合い
にマスコミの方はおられませんか? また、マスコミにかぎらず、みなさん、この映
画のことを伝えていただませんか? フェイスブック、ツイッター、ブログ、メール
などでどうかお伝え願います。私、また電話をかけさせていただいたり、一生懸命頑
張ろうと思います。どうかよろしくお願いします。

かつこ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。