バークレイ お多福

いろんな形の言葉があると思う

2013/03/11 14:26 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(2) [Edit]

DSCN9210_sm.jpg

まず、3月9日の東京での『僕のうしろに道は出来る』の初上映の大成功おめでとうございます!宮田俊也さん、宮プーが脳幹出血で倒れられてから3年間がぎゆーっと凝縮された素晴らしい内容で感動の涙はもちろんですが笑いもあるとても素晴らしい映画だそうです。私も早く観たいなと思います。

かっこちゃんこと、山元加津子さんの白雪姫プロジェクトが始まるというので私は去年の今頃自分で白雪姫プロジェクトの応援ブログを作る事を決心しました。パソコンが苦手て、日本語なのにプログの操作の仕方がいくら読んでも理解できず、四苦八苦しながら、時には写真等保存しておかなくてはいけないものをすっかり綺麗に消してしまったりしました(苦笑)。

そんなこんなでもうすぐブログを初めて1年経とうとしています。なんとかつづけています。パソコンの操作も少しは上達したかもしれません。人間、なんでもやってみてやれない事はないかもしれないと思えてきました。そして、かっこちゃんの活動、その周りにいらっしゃる素晴らしい方々のおはなしをメルマガ(http://www.mag2.com/m/0001012961.html)で読みながらすごく影響を受けたこの1年でもありました。

特に最近は國學院大学教授の柴田先生の活動やお話にとても興味があります。柴田先生は重度の障害をもたれた方たちの心の底にある想いや言葉を少しでも動かす事の出来る手などの感覚から読み取られます。そして、通常のように会話が難しい方々の想いや言葉を本人の意思通り目の前にいる人たちに伝えてくださいます。伝える事が出来た喜び、想いを知る事が出来た喜び双方の感動のお話がたくさんあります。

私は月2回ボランティアの音楽グループの手伝いをしています。前にも書きましたが、このグループのスティーブンくんの事が気になります。言葉が出ないのですが声もあまり出さない。機嫌が悪くて叫んだり泣いたりするときは大きな声です。だから声は出せるはずなんです。柴田先生のお話では誰でも言葉がないと思われる方の言葉を読み取る事が出来るそうです。その方法さえ習得すれば私でも出来るという事なのですね。言葉がないと思われている人たちにもたくさんの想いや言葉があるし、それをくみとる事ができるという事はかっこちゃんのメルマガを読むまで私は知りませんでした。知った私は以前に比べてステーィーブン君に対する態度がとても変わったと思うのです。

以前はスティーブン君がどう思ってるか分からないので少し、怖々とピアノの練習を一緒にしました。今は彼のペースに合わせたり表情や腕の筋肉の緊張等で何となく彼が今、心地悪いか、大丈夫か、楽しいかが何となく分かります。今日はそれがとても分かりやすかったのです。そして話しかけてYesなら私の手をぐっと握り返してくれた事がありました。初めて私たちは会話が出来たのかもしれません。

音楽グループのリーダーは私の主人です。彼もだんだん高度な練習をさせようとしていてピアノ伴奏でベースのリズムをつけたり、誰かにソロをさせたりと演奏自体をもっと面白くしようとしていますが、やはり難しいです。スティーブン君に「今日、ピアノをする?」と私は聞きました。彼が答えられないのを知っていますがなるべく私は彼にしゃべるのです。そして表情で感じます。『する!』と言う表情のあとお母さんから離れて私のところに来てくれました。自分で来てくれるようになったのがうれしいです。ピアノ伴奏の合間は一緒に歌おうと言って私は彼の顔を見ながら歌います。彼も私の方をみて笑顔になったりするので錯覚かもしれないけど『アーアー』と声を出している感じがします。

スティーブン君はピアノを弾かせてもみんなのリズムには追いつけないくらい遅いのです。でもやっているうちに絶対上手になると思うのです。そういう希望が私にも感じられてきました。山元加津子さんに出会うまではこういう風には思えなかった。障害がある方達が少しでも音楽に触れられたらいい。楽しめたらいいくらいで深くお互いが分かり合えるとかは想像もしていなかったのです。本当はお互いに分かり合えたところから出発なんですよね。それがやっと分かりました。かっこちゃん本当にありがとう!!!

白雪姫プロジェクトは意識のないと思われている方達と意思疎通が出来るようになり、必ず回復する方法があるというプロジェクトです。詳しくはこちらをご覧ください(http://shirayukihime-project.net/)。私たちはどんな状態にいても相手に分かってもらいたいと思うし、分かりたいとも思います。お互いが分かり合えたとき意思がお互い繋がったときすごく大きな力が生まれ始めるような気がします。

言葉と言っても私がいつもしゃべっているものだけではないのですね。表情、叫び、筋肉の緊張、目の動き、動作、呼吸の仕方なども言葉と同じだと感じます。いろんな言葉を感じて世界が広がったと思います。
スポンサーサイト

ゆかりさんもマイケルさんも隔週ボランティアを何年も継続して素晴らしい〜 ☆93パーセントのコミュニケーションは non-verbal (言語をつかわない表現) で成り立っているって言われてるし、言葉数が少なくてもコミュニケーションはとれると思うよ(^^) これからも頑張ってね(^^)
[ 2013/03/11 15:23 ] [ 編集 ]
オカリナさんありがとうございます。93パーセントもですか?知らなかった。確かにしゃべらなくても感じる事で反応して動いているときもあるし、アイコンタクトみたいなのも結構やってますよね。気がつかないけどしゃべる以外に色々やっているんですね。私はやっと最近気がついた気がします。
[ 2013/03/13 14:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch