バークレイ お多福

2013/05/01 15:25 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

DSCN9495_20130501135046.jpg

太郎が絵を描いたお皿を早速使ってみた。ベトナムの生春巻き!これはある人から(ベトナム系アメリカ人の奥さん)から頂いた本当に美味しい生春巻きでした。これにつけるたれが絶品!ピーナッツをご自分で炒ってつぶしてバター状にしたところへ調味料を加えて作ったとの事。全然違うよね。最高でした。いつか習いたいと思います。

4月の下旬に私もまた一つ歳をとりました。47歳よ!でなのかは分かりませんが、先日、四十肩みたいなのになって左手を動かすだけで激痛が走り本当に辛かった。2日後に太郎の幼稚園にボランティアに行かなくてはならないのにどうしようと思いながら身支度をしていたら主人が『行かなくてもいいよー。自分の事も大事にしてね!』と言われた。それでも幼稚園に向かう意地っ張りな私。

でもね、行ってよかったといつも思う。子供にエネルギーを吸い取られると思っていても本当はエネルギーもらっているのだと分かったから。だってボランティアから帰ってきたらあら?不思議?左の方や背中は殆ど痛くなくなっていた。

最近、太郎のクラスは生徒が落ち着きがなくて先生は本当に大変で、これって日本で言う学級崩壊?ってやつなのかな?そこまでひどくないと思うけど、先生はかなり重要に受け止めて『校長先生と会議をします!』と私にいった。私は自分の事のように「うわ〜。またか」と思った。それは何ヶ月か前に太郎の数字が覚えられない事で校長先生とお話する事になった事を思い出したから。

太郎はその後、毎週木曜日に補修を受けている。初めは5年生の生徒に教えてもらう予定が5年生の担任の先生がスペイン語で教える事になった。男の先生で一見プロレスラーのような出で立ちだが顔はいつもニコニコしていてとても良い先生とお見受けした。太郎もこの先生が大好きで補修もいやがらずに行っている。先生は太郎は順調に進んでいると行ってくれた。後2回で補修は終わるとも行ってくれた。

本当にやっと幼稚園半年以上を過ぎてエンジンがかかってきた。スイッチが入ったみたい。でもね、本当にゆっくり太郎ペースで進んでいる、それはいいんだけど、まだ6、7、9、がはっきり分からないくせに飛び越して11から20まで言えるようになってしまった。こちらとしては「なんで?」と首を傾げるしかない。だって、16、17、19は分かるのにどーして6、7、9がわかんないのよー!!!イライラ!って感じが正直なところだけど
もう、太郎が私や周りの子供たちとの理解の仕方が違うと分かっているので知らない振りをすることにした。

毎日簡単な数字1〜10までを繰り返し覚えさせる。1日5分で終わるような事が30分、40分かかる。太郎は言葉巧みに私の気をそらせようと関係ない話を何気なく唐突にしてくるが最近は私もだまされない。この勉強が終わるまで違う話はしないと集中。

この毎日の繰り返しが本当に大事だと思うことがある。2、3週間後に何となく6、7、9の存在がわかってきたようだ!もう少しよーってところで『?』だけど繰り返しやっているうちに覚えるような気配が感じられる。太郎も疲れてきたところで11から20はまだ覚えなくていいと思うけど息抜き程度に11から20までの数字の歌(担任の先生作)を1度歌って終わりにしていると11から20の方を先に覚えてしまった!?

記憶力には個人差があるらしい。でもただ覚えるのは忘れるに繋がる。しかし、歌で覚えたりすると脳は忘れないらしいというような事を聞いたか読んだ。そこで1〜10の数字も歌でも復習している。私自身も幼稚園のボランティアで子供たちと一緒に歌ってアルファベットや数字も覚えた。ここに楽しく学習する鍵があるなと今更思う。

人間の脳みそは緊張しているよりもリラックスして楽しんでいるときの方が回転が早いのかもしれない。特に子供たちはそうだと思う。だから無理に知識を詰め込もうとすると脳みそが拒否反応をおこすのか?それが子供たちの態度にでたりするのかな?でも子供たちに合わせていたら学校のカリキュラムはどうなるの?消化できないじゃないの?なんて大人の私は心配する。先生たちはもっと心配だろう。

太郎の幼稚園でも勉強が楽しくできるように先生たちはゲームや歌を考えてやってくれる。日本の学校に行っていた私にはうらやましい環境だ。でも子供たちにはそうでもないみたい。そこで私も落ち着きのない子供たちを注意してみたがあまりうまく行かない。というか誰も聞いてくれない感じ。。

そこで、私は生徒の一人になる事にした。自分が楽しんで授業を受けている感じ。みんなと一緒に笑ったりビックリしたり納得したり少し大げさにやる。私が先生の話に集中していると子供たちも少しそんな雰囲気になっくる。これは私の勘違いかもしれないけど今日はそんな感じでとても自分が楽しかった。私がニコニコしていれば周りも子供たちも機嫌がいいように思う。これでいいじゃないか!と自分なりの結論を出す。まずは自分の気持ちのもちようが大事!

今日は幼稚園の中庭でお祭りがあった。なんか、日本の夜店とか地蔵盆と言う感じかな?でもすべて無料でゲームやアクセサリーづくりなどのアートプロジェクト、顔にアートメイクもしてもらえるし、ジュースやスナック、夜店にかかせないコーンの照り焼きまである。子供たちはゲームの輪投げで当てた景品のおもちゃに歓喜して自分のやりたい事を次々にして本当に楽しんでいた。子供たちの喜ぶ顔をみて準備やいろんな事に大変だったPTAの父兄の方たちも校長先生も他の先生方もうれしそうだった。皆さんおつかれさまでした。そしてありがとうございました!この楽しかった日々を糧として子供たちもきっとがんばるよー。
DSCN9643.jpg
DSCN9644.jpg








スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch