バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳科学者ジル ボルト テイラーさん

2013/05/17 14:16 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

まず、山元加津子さんが大阪にいらっしゃいまーす!お知らせ!
*********************************************
・・・・
☆かっこちゃんが大阪にやってくる!
18日(土)
大阪・シアターセブンで10:30~「1/4の奇跡」上映後と12:50~「宇宙の約束」上映
前に舞台挨拶
夜は、西中島で「僕のうしろに~」上映会&講演会。
http://www.yonbunnoichi.net/kanrenevent/013543.php 
19日は、大阪で講演会ですよ~!
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/sakuhinten/sakuhinntenn.htm 
それから、19日の朝早くも、朝起き会に出かけます。

かつこ
*********************************************

山元加津子さんのメルマガ等で私は知ったのですが脳卒中で自ら倒れてしまった脳科学者のジル ボルト テイラーさん。彼女は左脳に大きなダメージを受けて右脳の素晴らしい世界を発見された方です。ご存知の方もいらっしゃるでしょうね。私の主人もラジオ放送で彼女の話を以前聞いた事があると言っていました。まだ私のようにご存じない方はよろしければユーチユーブでご覧になれます。とても印象的なお話で、観た後からずっと脳について、自分たちの価値観についてなどとりとめもない事を考え始めています。以下はメルマガで紹介された『いたりあ、 いちば』(http://blog.goo.ne.jp/kuromaruyoga)さんのブログです。とても素敵なブログなので皆さんにご紹介します。ジルさんの事もとても分かりやすくまとめてくださっています。以下、山元加津子さんのメルマガです。

2009年、宮ぷーが倒れてからしばらくして、ジルさんの「奇跡の脳」という本が出ま
した。すごく勇気をいただいた本です。そのことについて、白雪姫プロジェクトの
「いたりあ・いちば」に書いてくださってありました。
いたりあ・いちばから。(http://blog.goo.ne.jp/kuromaruyoga

・・・・・・
「奇跡の脳」という本
奇跡の脳という本があります。ジル ボルト テイラーさんという、脳科学者が脳卒
中になり、そこから、回復していく、過程一つ一つを克明に記しています。新潮社の
本の説明にはこう書かれています。脳科学者の私の脳が、壊れた──。再生をもたら
したものは何だったのか?ある朝、ハーバードの第一線で活躍する女性脳科学者を脳
卒中が襲う。徐々に左脳が破壊され、歩くことも話すこともできなくなり、人生の記
憶すらもが遠のいていく──。奇跡の再生を遂げるまでの八年間の苦闘を通して、脳
に秘められた可能性と神秘を自らが解き明かす。アメリカで50万部の大ベストセラー
となった超話題作!

ここでは、苦闘と書いてあるのですが、本を読んでみると、なかなかそういうことば
かりではないようなのです。彼女はある種の機能を失っていくのですが、そのおかげ
で、すごく大きな機能に気づいていくのです。幸せを感じる力、能力、と言ってもい
いのかもしれませんが、脳卒中になって、その力が開花するのです。多くの病気に
なった方が、病気に感謝する、とか、病気になって失ったものも多いけど、受け取っ
たものもまた多いと言ってるのが、本当のことなんだなと、理論的に説明されていま
す。

私がこの本を読んだのは、自分の心が弱ってしまって、どうしたら元気になるんだろ
う、心のリハビリってどうすればいいのかな?と探っていた時に出会いました。
なので、脳卒中のリハビリだけではなく、すべてのリハビリを行わなければいけない
人、看護する人に役立つ本だと思っています。自分の意志で、すべてのことを決めて
いける、心の庭を耕していける、その方法を一つ一つ書いてありました。特に好きな
のは、食べ物を食べたときに、どう感じるかを大切にすること。とか、自分で今を感
じていく方法とか、科学者さんの書いてあることなので、一つ一つ、何一つ見逃さず
書いています。

瞑想方法とか、ヨガを学んでいていても、あいまいなんですね、よく聞くのが「自分
の心を感じてください」いわれるのですが、私にとっては、「どこが心」「何が心」
という気持ちが前に出てしまいますが、この本では、そういったことも事細かく書い
てあります。どこから、心で、どこから、理屈なのか、どこから、そのエゴを取り出
して、本当の心を引き出していくか、そういったことが、とても上手に書いてありま
す。

この本にも、きちんと話すことができなくっても、意識というのはあるということ、
脳は常に学び続けていけるということ。ということが書いてあります。本を抜粋する
と、
完全に回復するはずだということを信じてくれる人がどうしても必要でした。回復す
るのに3か月2年あるいは20年、あるいは一生かかるとしても、学び、治り成長し続け
る私の能力を信じてくれる人が必要だった。。。。
「脳卒中の後、6か月以内に元に戻らなかったら、永遠に回復しないでしょう!」耳
にたこができるほどお医者さんがこう口にするのを聞いてきました。でもどうかわた
しを信じてください、これは本当じゃありません。
日に何百万回も「かいふくするのよ」と意を新たにしなればなりませんでした。

すごくいいのが、巻末の付録 最も必要だった40のこと これは子供と一緒にいる時
にもすごく重要なことで、なおかつやはりあいまいではない言葉で書いてあるので、
私は好きな方法です。だって「愛をもって話して」、と言われてもわからないけど、
「ゆっくり話して」ならわかります。
1.私は馬鹿なのではありません、傷を負っているのです。どうかわたしを軽んじな
いで。
2.そばに来てゆっくり話し、発音して。
3.言葉は繰り返して。私は何も知らないと思って、最初から、繰り返し、繰り返し
話してください。
4.あることを何十回はじめと同じ調子で教えてくれるよう、忍耐強くなって。
5.心を開いて、私を受け入れて、あなたのエネルギーを抑えて。どうか急がないで。
と続きます。

ユーチューブでも、公開しています。この映像は少しショッキング、なぜなら、本物
の脳を持って、説明しているからです。こんなの初めて見ました。おもしろいです
よ。
http://www.youtube.com/watch?v=BsSWaYITW4g(http://www.youtube.com/watch?v=BsSWaYITW4g
・・・・・・

わたしは書いてくださったブログですごく心に残ったのは、幸せを感じる力のことで
す。「僕のうしろに道はできる」の感想で、たくさんいただいたのは、「悲壮感がな
くて、幸せそう」というメールでした。宮ぷーはつらくて何度もくり返し「夢か現実
か?」と聞いた日もあったけど、そして宮ぷーの心の中の本当のことはわからないけ
れど、少なくとも、私と一緒にいるときは、それほど泣いてばかりということはなく
て、私もやっぱりそばにいて笑っていられた。私は、そのときに、宇宙はいつも私た
ちを守ってくれて、痛みがあれば、必ずエストロゲンや、ドーパミンが脳の中に出て
痛みをやわらげてくれるように、つらいことや不安なことがあったときに、きっと
きっと笑えるような強さを用意してくれているのだろうかと思いました。

でも、本当のことはわかりません。ただ、心療内科のお医者さんが、宮ぷーのところ
に来てくださったときに、本当に心療内科の診察が必要なのは家族や周りにいる人の
はずですよとおっしゃってくださったことを思い出します。そして、それなのに、あ
なたたちのところにくると、僕の方が元気をもらうように感じるのはなぜでしょうね
と言ってくださいました。そのお医者さんは不思議なお医者さんでした。「神様は必
ずいますよ。そしていつも助けてくれる」「ここは景色がいいね。ここにすわって、
いつか必ず歩いてあそこを通ると、考えてみてくださいね」とまだ息をすることもつ
らいような時期に言ってくださったことを忘れることはできません。あれ?私何書い
ていたのかな?わからなくなっちゃったけど、でも、ジルさんの本は何度も読みまし
た。大切な大切な本です。

ここからまたお多福です。私もとても『奇跡の脳』が読みたくなりました。そして、脳に障害や事故で大きなダメージがのこっても脳はどんどん回復して進歩し続けるんだという確かな体験を聞かせてもらったように思います。『いたりあ、いちば』さんが書いてくださった最も必要だった40の事は私にもとても必要でした。ボランティアの音楽で関わる知的障害のあるスペシャルニーズのみなさんと関わるうえで私はもっと注意して相手に近寄りたいと思いました。ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。