バークレイ お多福

学校というところは楽しい場所であってほしい

2013/06/14 15:51 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]


6月14日で太郎の幼稚園は終わり。今日13日は幼稚園3クラス全部が集まって公園でパーティーをした。終業式パーティーのようなものか。先生や親たちがサポートして子供たちはサッカーをしたりいろんな野外のアクティビティーを楽しんだ。ランチは親たちがポットラック(持ち寄り)をしていろんなごちそうやデザートが所狭しと並んで子供たちはうれしそうだった。
DSCN9912_sm.jpg
(巻き寿司は私が作りました。)
DSCN9915_sm.jpg
(外でみんなでピクニックすると楽しいねー。あら!?太郎がいない?あー。好きな女の子の横にいったのね。。。)
DSCN9978_sm.jpg
(パラシュートのような大きな布を使って最後に皆で遊びました。)



明日で幼稚園は最後の日。私のボランティアも最後になる。色々あったけど楽しい事も多かったなーと振り返る。今日,メルマガを読んでいたら不登校になった順子ちゃんのお話やスペシャルニーズのたけちゃんのお話があった。学校というところは時には子供たちにとってとても居心地の悪い場所になる事もある。登校拒否、学級崩壊、いじめなど暗いニュースがある中でこのメールのお話を読むと希望がわいてくる。皆さんにも読んでもらえたらと思い記事を載せます。以下、山元加津子さんのメルマガです。

***

 第1407号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                    2013年6月13日現在 参加者人数6431人
 「6/13 昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


暑い日になりました。順子ちゃんがなおみちゃんにもらったメールにお返事を紙に書
いてくれました。とても素敵で、みなさんにもお伝えしたくなりました。
・・・・
こちらこそお返事ありがとうございます。私は全然すごくないです。今、幸せと思え
るのは、一人だったら絶対思えなかったです。私は学校に行けなくなってから、いつ
のまにか家で一人で過ごすことが日常になっていました。一日がすっごく長くて、長
くて、ほんとうに明日はくるんだろうかと思った事があります。でも、今は違いま
す。朝、自分で起きて、学校に行って、勉強して、みんなと遊んでっていうことが日
常です。一日がすっごく早くて、もっと一日が長ければ…と思います。

毎日学校へ行くことは、あたりまえのことかもしれないけど、行けなくなった私に
とっては、すごいことです。もちろん過去を思い出して辛くなることもあるけれど、
少なくとも私は前を見ています。完全に前を見れている私じゃないけど、私は今の私
を誇りに思います。そして、今学校に行けるようになったのは、会いたいなって想う
人がいるからです。どんなに辛くても、学校に行けば、みんなに、みんなの笑顔に会
えます。今の私は、決してひとりではなれなかった私です。私を支えてくれる大切な
人がいたからこそ、今の私がいると思います。だから、私は全てのことに、全ての人
に感謝します。今、私がここにいること、今、生きていること、生まれたこととか、
全部全部感謝したいです。なおみちゃんからのお返事うれしくて泣きました。ありが
とうございます。

…*…
(私への文章も順子ちゃんは書いてくれていました)
かっこちゃん、もしかしたらと思って、中1の国語の教科書も見てみたら、やっぱり
かっこちゃんの名前のっていました。私が前の学校にいたときに、私はもうすでに、
かっこちゃんに出会っていたんですね。神様はもしかしたら、私とかっこちゃんが出
会うために、私を苦しませて、この学校へ導いたのかもしれません。やっぱり私は幸
せ者ですね。かっこちゃん、うれしい涙がとまらないよ。ありがとう。
・・・・
(かっこちゃんのメッセージ)
わたしもうれしい涙がとまりません。大ちゃんはいつも「お互いが必要でないと出会
わないんやで」と言いました。私にとって、順子ちゃんと出会うことはきっとすごく
大切なことだったんだと思います。そして順子ちゃんにとっても、この学校のみんな
と出会ったり,メルマガのみんなと出会うことも、大切なことだったのかな。とても
とてもうれしいです。順子ちゃんの「苦しかったこと」に私も感謝します。

白雪姫プロジェクト(たけ)ちゃんと一緒からです。
・・・・・・
「シャトルランに挑戦」たけちゃんの連絡帳は日中の学校の活動を担任の先生が、放
課後~夜間・休日の様子を私が記入します。9日はお姉ちゃんの誕生日でお祝いをし
ました…と書いたら、先生が花束のイラストと「ひなりちゃん、おめでとう!!」のコ
メントを書いてくださいました。2時間目は特別支援学級全体でコンピュータールー
ムでの授業でしたが、休み時間になると、お姉ちゃんが飛び込んできました。
「硬筆、選ばれたよ!!」入学して以来初めてのこと、とても嬉しそうです。

他の支援級の先生方もいっせいに「良かったね、おめでとう!!」と言ってくださった
のですが、たけちゃんの担任の先生が「ひなちゃんね、9日が誕生日だったんですっ
て」と、まるで自分の孫のように嬉しそうに伝えてくださり、他の先生方がその場で
「ハッピーバースデイ」を歌ってくれました♪「ひなりのために、ありがとうござい
ます」とお礼を言うと、「おめでとうがいっぱいは、嬉しいもいっぱい。こちらこそ
ありがとう!!」と、そんな優しい言葉をかけてくださる先生達でした。

4時間目は新体力テストでした。私の頃のスポーツテストとは少し内容も変わり、今
日は「シャトルラン」という種目をやりました。30メートルを「ドレミファソラシ
ド」と鳴り終わるまでに走り、だんだんそのスピードが速くなりますが、走りきるう
ちは何往復もするという種目です。
たけちゃんは座位保持椅子での参加になりましたが、たけちゃんの担任の先生、
ちょっと年輩で、華奢なので、あまりスポーツは得意ではありません。失礼を承知
で、「A先生に手伝ってもらったりできますかね…(^_^;)」と提案しました。A先生は
平成生まれのスポーツマンで、体育の時、たびたびストレッチャーを押してもらって
けっこうなスピードで走ってもらったりするのです。
「そうね、次の授業空いているか、ちょっと聞いてみるね」とすぐ確認してくださ
り、ちょうど空き時間だったA先生は快く引き受けてくださいました。

「えー、たけちゃん、A先生に押してもらうの?」(男の子)「そうだよ、先生、
100回くらい行っちゃうよ~」(A先生)「うふふ、先生、折り返すのに時間かか
るから、走るのは全力でお願いしますね。練習の時は2回で終わってしまったので、
100回とは言わないけど、10回くらい、行ってほしいな~」(母)「早く走って
くれるの?やったー」(たけちゃん)
いよいよスタート。A先生が風をきって走ってくださると、たけちゃんにこっと良い
顔。だけどやっぱり、うまく向きをかえることができません。2回目で間に合いませ
んでした。
「えー、うそー」と言ったのはA先生、全然間に合わなくて、すごいズルでしたが、
6走ってくださいました。

「あー、悔しいなあ。もっと走れると思ったのになあ。やっぱり折り返すの、難しい
ですね…たけはるくん、ごめんな。よし、次の体育から、もっと座位保持の運転が上
手になるように特訓しよう!!」まるで自分のことのように悔しがって、特訓を誓った
A先生でした。
本当は、たけちゃんも一緒に参加できるだけで嬉しいのです。でも、喜んで手伝って
くださったり、自分事として考えてくださったり、そんな自然に接してくださる先生
方の優しさにふれて、あーやっぱり、素敵な学校で過ごしているんだなあと幸せいっ
ぱいになるのです。
・・・・・・
(かっこちゃんのメッセージ)
ひなちゃんおめでとうございます。そしてたけちゃんあやちゃんありがとうございま
す。私はいつも思うのです。大人だって子どもだって、毎日通うところは、楽しい所
じゃないとって。楽しいというのは遊んでて楽しいという意味ではもちろんないので
す。そこで、お互いに、大切な存在と認めあえる仲間がいるということ。それが大切
なんじゃないかと思うのです。たけちゃんの学校もとてもとても素敵ですね。すごく
うれしい気持ちになるのです。
***

ここからまたお多福です。私もこのメルマガを読んで私も嬉しい気持ちになりました。順子ちゃんが不登校を克服されて今,楽しく学校に通われているし,スペシャルニーズのたけちゃんはみんなの暖かい助け合いのなかでのびのびと自分らしくがんばってらっしゃる。とても素敵だなと思います。

明日は最後のボランティア。なんか、寂しくて泣きそう。。。最近,涙もろくて困ります。私にとっても学校は楽しい場所であってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch