バークレイ お多福

ご近所のパパ友達

2013/07/23 15:04 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(5) [Edit]

DSCN0203.jpg
ご近所の太郎のお友達Kくん(太郎より実は2つ歳下)のパパからお庭の畑で穫れたズッキーニー特大、大、中大の3個をいただいた。前の日に私がブルーベリーパイをお裾分けしたお礼にくださったのかもしれない。そもそも,なぜ私がK君のパパにブルーベリーパイをもっていったかというと,K君と一緒に太郎を少し遠い公園まで連れて行って2、3時間遊んでももらったりアイスやおやつをごちそうになっからだった。こんな事は初めてではなくて結構太郎を自分の息子と一緒にどこかに連れて行ってくれるのだった。

主人は忙しくしているし私はまだ車の免許がないのであまり遠出は出来なくて太郎を連れて行って楽しませてくれるのをいつも凄く感謝している。そう、感謝の気持ちがブルーベリーパイだった。いつもお世話になってるからと思っているのだが、向こうは凄く喜んでくれるのだけど、余計気を使うようでお返しがすぐにきたという訳。

それにしても大きいズッキーニーだな。凄く新鮮なので皮も中のカボチャみたいな種も柔らかくて全部食べられる。ズッキーニースーブをまず作った。

DSCN0207.jpg
切ってみると,こんな感じ。種も大きいねー
DSCN0220.jpg
そして、ズッキーニーブレッドも作ってみた。

DSCN0227.jpg
そして、ズッキーニのドリアも作ってみた。

どれも美味しかった。新鮮な野菜は本当においしい。Kくんのパパのお庭は広くて日当りがいい。ここに引っ越してくる2年前に牛の糞の肥料を混ぜて土づくりからしているお庭なのでお花や果物、野菜も栄養たっぷりで大きくて生き生きしている。表の通りに面している事もあって通るたびに見とれてしまうくらい素敵なお庭だ。

Kくんのパパと知り合いになったのは去年のうちの近所でのブロックパティーだった。近所の道路を市から許可をもらって通行止めにして近所の人たちがごちそうを持ち寄って道でバーティーをするのだけど、その目的は地震が起こったときの対策本部の紹介、災害が起こる前に用意すべき事等地域の消防隊も駆けつけて色々説明をしてくれる。避難場所やパニックにならない冷静な行動をとりまず何をすべきか等。そういうイベントや勉強会が終わると食べたり飲んだりしゃべったり日が暮れるまでわいわいパティーを楽しむ。

実はKくんのパパは2人いる。太郎のクラスメートの一人もそうだがゲイカップルの結婚だ。薬指に指輪もはめている。初めは正直、なんだか抵抗があった。そういう世界は知らないのでやはり偏見のような情報が頭をよぎったかもしれない。でも、Kくんのパパはとても素敵な人でさわやかでとても男らしい。K君と太郎が気があってよく遊ぶのをきっかけにお互いの子供たちは家を行ったり来たりしてとても仲良くなって、K君のパパも太郎を一緒に遊びに連れて行ってくれたりするようになった。私もなるべく交代でK君をうちによんだりしている。

私は絶対K君のパパの方が太郎の面倒を見ていると思うのだけど、K君のパパは私の方がKくんをよくみてるという。そしてとても気にする。そいう繊細なところが内面にはあるんだな,と最近思う。女の私の方が大ざっぱかもしれない。

Kくんのもう一人のパパにも会ったが彼も外見は男らしいのだけど声やしゃべり方がとても丁寧でやさしい。人柄がにじみ出るというか。私は感情や思いつきでべらべらしゃべるのでも一人のパパのしゃべり方にとても憧れる。もっとこの人としゃべりたいなと思う感じ。

男同士,又は女同士結婚するケースが増えている事を聞く。それだけではなくて子育てもして家族をつく人も増えているのだろう。そういえば太郎も幼稚園全クラスの生徒合同で『いろんな家族』というテーマの教育DVDをみせられていた。私はたまたまそのときボランティアでいたので一緒に観ていたが結構、現実的な内容でビックリしたが、5歳、6歳の早い時期からいろんな家族がいてもおかしくないという考えをもたせるのはアメリカらしいなと思った。パパが2人、ママが2人、パパだけ。ママだけそして2人目のママかパパ又はどちらもいなくて祖父母や親戚にと一緒に暮らしたり,全く他人と暮らしている子供たちの家族。それは何もおかしくないなぜならみんな『愛』で繋がっているからだと結論づける。なるほど。あ!うちも結構複雑な家庭だと気がつく。私はヒカルにとっては継母だから。

ある日,太郎が私にいった。『Kくんの2人のパパはキスするんだよー。』そこで私、「あたりまえでしょう、結婚してるから。愛し合ってるのよ」そして太郎は『愛があるの?』私「そうよー」この会話を何気なく乗り切った私だが内心凄くドキドキした。

太郎が寝てから主人にこの会話の事を話すと主人は『太郎の不安な気持ちを受け止めてあげないとね』と言われた。おそいけど、あーそうだったなと気がつく。不安だから私にいったんだ。でも情けない母はもっと不安だった。正直どう答えていいか分からなかった。でも正直にビックリして太郎の気持ちも聞いて一緒に考えればよかったのではないかと後悔しているがもう遅い。子育てしててこうした失敗を繰り返している事は多い。。。

今日も太郎はK君とうちで遊んだ。私も今日は子供たちと遊んだ。たまにはいいではないか!夕食なんて冷蔵庫の残り物で何とかなるさ!楽しく遊べるのは今しかないんだ!なんてね。でも主人が帰ってきたら少し後悔する気の弱い私である。。。ごめんね。夕食、、、これでいい??みたいな。。。

最近、私はゲイカップルという言葉を使いたくない。Kくんのパパたちをみてから彼らの子育ての中で子供と一緒にたのしんで遊んでいるのをかいま見ると私ももっと楽し子育てしたいなと駄目だと反省する。小さい事が出来なくてガミガミ怒っているだけではだめだな。パパたちを見習って人生は生きている事は素晴らしく楽しいものだよー今を楽しまなくちゃ!と子供に伝えたいなと思った。


スポンサーサイト

ズッキーニのパンっておいしいのかしらん?
私も食パン作り始めたいのですが、今度レシピ載せてください。いつもおいしそうなパンで、、うらやましい。でもズッキーニのパンなんて初めて見ました。

こういう風に、不思議な家族がたくさんいるのって、いいですよね。
ちょっと、おとぎ話みたいな感じです。
やっぱりアメリカ。私はこういうの大好きです。


[ 2013/07/27 20:30 ] [ 編集 ]
くろまるさんありがとうございます。スッキーニーブレッドはイーストを使わないパウンドケーキのようなものです。似てるものではバナナブレッドとかパンプキンブレッドもあります。今度レシピ載せますね。朝食やおやつにいいですよ。パパ友はだいたい私と同じ家事を毎日しているようですが太郎の話によると家の中は凄く綺麗らしいです。今度,掃除教えてもらおうかな?と思ってます。
[ 2013/07/28 13:44 ] [ 編集 ]
初めてコメントします
はじめてコメントさせていただきます。
主人が6月からバークレーの学校に行っており、どんなところかなと興味があってブログを拝見させていただきました。主人の話からもそうですけど、お多福さんのブログからもとてもいい場所なんだろうなーと想像しています。
年内か年明けに私と子供たちもそちらで暮らせるようになるといいなーと思って準備をしています。
今後の記事も楽しみにしています
[ 2013/07/29 22:08 ] [ 編集 ]
ももららゆうさんありがとうございます。私はアメリカと言えばニューヨークしかない!と初めは思っていましたがバークレーに住んで今はここが一番いいと思っています。いい事も悪い事も含めて住めば都になるのでしょうか?こっちに来られたらまたご連絡ください!
[ 2013/07/30 13:59 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
お多福さん、お返事ありがとうございました。
そちらに行ったときは是非、連絡させてください♪
[ 2013/07/31 16:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch