バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能は生まれつきではない!?

2013/09/25 14:37 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(4) [Edit]

DSCN0624.jpg
9月はおじいちゃんの誕生日と、、、
DSCN0626.jpg
DSCN0627.jpg
DSCN0629.jpg
ダディーとダディーの双子の弟の誕生日もありました。私よりケーキの組み立てが上手なのでダディーにケーキの仕上げお願いしました、きれいに出来たねー!

8月28日から太郎はファーストグレード、日本語で言うと小学校1年生になった。幼稚園をなんとか乗り切って1年生になったとたん太郎はひどく疲れている。先生も厳しくなるし、勉強も難しくなってくる。はじめの2、3週間はかなり自分でも葛藤していたかも。今まで言った事のないような言葉も出た。『明日は学校行きたくない。。。』この言葉が親にとって一番心配になる。それでも朝になると気を取り直して友達に会いたいからと行って元気に出かけるのでこちらもほっとする。

私もそろそろ学校の様子を見に行くついでにボランティアに少し行ってみようかなと思いでかけた。先生は確かに厳しいが筋は通っているし、むしろ厳しくやってもらった方がいいのではと思ったくらいであった。でもここ最近、先生の厳しさにも慣れてきたのか子供たちはまた騒いで集中して勉強しなくなってきた。これじゃ、幼稚園のときと同じだな。困ったなという感じである。先生も疲れてきている。やはり、太郎のクラスはどんな先生でも手こずるようだ。

そんななかでも私は子供たちの成長が見える。一般的な平均からは外れているかも知れないが幼稚園のときからくら比べればやっぱり成長していると思う。太郎だってその一人だ。1から10までの数字がなかなか覚えられないでいた太郎が今は足し算をやっている。私はそれを見て『ギョ!』とする。うれしさのあまり『ギョ』とする。そして次期がくれば出来るようになるんだとおもうと同時に忘れてはならないのが日々の訓練かも知れないと思う。

私は縁があってスペシャルニーズの子供たちの音楽グループを手伝っているがその子供たちの親御さんは中国系の方が多い。チャイニーズ タイガー ママなんて言われるくらい子供に厳しく勉強させたり教育したりするお母さんが多いのか?ちっと前にそんな中国式の教育の本がアメリカで流行っていた。

スペシャルニーズのお母さんたちも厳しく何でもやらせる。はた目で見るとちょっと子供たちがかわいそうな感じなのだけど、言葉がなく、発声も難しい子供さんが母親に口を無理矢理開けられて叱咤激励されていつの間に『あー』とか簡単な声がかすかに出たりする。ピアノも家で練習されてどんどん弾けるようになる子供さんもいる。そうなると私たちももちろんうれしいし、子供たちもやっぱりうれしいようでどんどん頑張ったりする。そうなると教えるのも練習させるのも楽しくなるしお母さんたちも楽になる。いい感じ。その理想的な感じになるにはお母さんと子供さんのものすごい努力が隠れているんだと思う。

太郎にいい感じになってもらうために夏休み中、私はほぼ、毎日泣いていやがる太郎にスペイン語の本を読ませた。はじめは学校で習ったスパニッシュのアルファベットを涙声でたどたどしく目で追って読んだ。今は5、6分で読めるような簡単な本がはじめは2時間かかった。私も辛かった。家でやっていると暗くなるので近所の図書館に行って読ませたりもした。泣いている太郎を見て回りの人は意地悪な母親と思ったかも知れない。。。私だってこんな事して何になるんだろうと悩む日々。。。でも続けてみた。友達も家にきて一緒に子供に本を読ませる集まりを開いたりしてくれた。

夏休みが終わる頃、太郎はゆっくりだけど自分で読めるようにだんだんなってきた。自分でも自信がついたらしく一人で練習しているときもある。第一関門突破!という感じ。

『愛に生きる』才能は生まれつきではない 鈴木鎮一(http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1154869)の本を読んでますます努力すれば何でも出来るようになるんだと励まされた。鈴木先生はもとから才能がある訳ではなくて才能は育てるものだとおっしゃっている。その通りだと私も思った。鈴木先生はヴァイオリンの音楽教育を通してすべての子供たちが同じように才能を発揮出来るようにと長年教育に携わってこられた。そして素晴らしい功績も残されている。

ということで、私はヴァイオリンを始めた。いろいろ習うにあたりいきさつはあったのだけど、いい機会だしヴァイオリンの『ヴァ』の字も知らない私がどこまで出来るかやってみようと思ったのである。太郎だけが頑張るのではなく、お母さんも頑張ってまーす!って感じで2人で頑張ろうよーというメッセージもある。

ヴァイオリンを習い始めて3週間目。すごく楽しい!音も出ないし、キコキコうるさいけど、たまにきれいな音が出るようになってきた。ずいぶん前から物置においたままにされた埃くさいヴァイオリンからかすかな木の香りが音を響かせながら私に伝わってくる。ヴァイオリンが生きているような、喜んでいるようないい感じである。そして信じられないが、すごくストレス発散になる!これは本当です!
スポンサーサイト

はじめまして。

ランキングから立ち寄らせていただきました。
Nshimaといいます。

国際結婚ですか。
珍しくないといえど、すごいなぁって思います。

そして、国際的教育がすごいですね。
日本でのほほんと暮らしている人間とは、
違った大人になりそう。

うちも、なんかやらせないとって思ってしまいます。


ありがとう。
おじゃましました。
http://atunaka02.blog.fc2.com/
[ 2013/09/25 17:30 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。国際的教育と言われると、、、本当にお恥ずかしい感じです。日本の子供たちよりもきっとレベルが低いから。ただ、人の話を聞いて、考えて自分の意見を言うということを小さいときから学校でさせますから社会に出たり、自立するときに役に立つだろうと思います。この点ではアメリカは強いですね。数学は日本人の方がずっとレベルが上だと思います。
[ 2013/09/27 13:20 ] [ 編集 ]
私も・・・
娘がピアノを習い始めた頃、ピアノを再開!
子供の頃は嫌々習っていたため、全く上達しませんでしたが
自発的それも娘と一緒に練習していたため、猛練習も苦になりませんでした(笑)
子供の頃に憧れたショパンの子犬のワルツが40過ぎてやっと弾けるようになり自己陶酔してました(笑)
ゆかりさんも楽しんでね~
[ 2013/10/05 08:05 ] [ 編集 ]
RNさん、ありがとうございます。そうなんですね。子供の頃って練習が嫌だったのに大人になって練習が楽しくなるってどういう事なんでしょう?私も今は練習したいと思って1時間ぐらいすぐにすぎてしまって、、、でも歳を取ると今度は手首や肩や背中が痛くで筋肉痛も加わって腱鞘炎とかにもなりそうで体が思うようについていかないのが辛いです。。。
[ 2013/10/05 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。