バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せなお誕生日

2014/04/28 14:21 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

太郎に続いて私も誕生日を迎えた。48歳!もう、どこから見ても大人のはず。そして一人前の母親のつもり。。。でも現実はそう甘くない。毎日、苦悩、我慢の連続の子育て、学校のボランティア。もちろん楽しい事もある。子供たちは結局は元気をくれるし実に可愛い存在だから。

お誕生日の2、3日前からヒカルから電話がかかってきてお誕生日は何が欲しいかと聞いてくれた。その気持ちはとても嬉しいのだけどお金は使わせたくないし、年とともに物欲がますますなくなっている私は欲しいものは無い等しい。唯一欲しいものは去年壊れてしまったブレンダー(スムージーやピューレをつくるジューサーのようなもの)の新しいのが欲しかった。ブレンダーがあれば豆腐クリームがもっときめ細かくクリーミーに出来るから。スムージーも飲みたいしなーということで主人が買ってくれる事になった。それも200ドルくらいのが半額以下で手に入ったラッキー!なので唯一欲しいものは主人に頼んだのでヒカルには今度、晩ご飯つくってー!といった。

ヒカルは主人と相談して私の誕生日当日のディナーを考えてくれた。当日私は朝から太郎のクラスのボランティアに行って昼からはお友達とランチに出かけた。3人のお友達はみんな忙しいのに時間をさいて集まってくれてとても楽しいひとときだった。私たちは同じような境遇(日本人、アメリカ人の夫を持ち子育てをする)を持ったママ友達。みんなと出会ったのは子供たちがまだ赤ちゃんのころだったな。。。友達がいたから乗り越えられた事も多いと過去を振り返る。

DSCN1578_sm.jpg
家に帰ると太郎のクラスメートから大きなお誕生日カード!担任の先生から学校のお庭の可愛いお花と小さなケーキが届いていた。子供たちが一生懸命いろんな絵や言葉をスペイン語で書いてくれた。学校の授業では字を書くのを嫌がったりする子供たちも色々書いてくれている。それを見るととても嬉しかった。担任の先生はサプライズでカードなどを用意してくれたようだった。
DSCN1584_sm.jpg
DSCN1585_sm.jpg
DSCN1589_sm.jpg
私が帰宅した午後3時頃からヒカルは太郎にも手伝わせて夕食の準備をしていた。何やら大変そうだが私は絶対に手伝ってはだめだと言われて見ていた。そして主人もやってきた。今日のメニューはローストチキン、ペストのパスタ、モッツアレアチーズといろんな色のトマトのサラダ、ズッキーニとアスパラとマッシュルームのソテー。ペストは普段、フードプロセッサーにイタリアンバジル、松の実、チーズ、オリーブオイル、ニンニクをいれて撹拌してペーストにしてつくるのだけど、主人はフードプロセッサーを使わずにまな板と包丁ですべてを20分ぐらいかけてみじん切りにして作った。凄い労力になったがその結果、味は素晴らしくおいしかった。素材一つ一つの味が消えずにパスタに絡まっておいしいこと!

主人とヒカルは2人で相談しながら楽しそうに料理をしているのを見ながらたまには父と息子がこうやって一つの事をしながら楽しいそうにしている様子がいいなーと思った。なので私はおじゃまなのでヴァイオリンの練習をしていた。私は私でいつもは練習する時間がないのでたっぷり練習出来るのは嬉しかった。
DSCN1595_sm.jpg

夕食の時間30分前に主人の両親も夕食に招待することになった。義母はチキンを料理していたところなのでそれを持ってきてもらって一緒に食べる事にした。そんなこんなでとても楽しいおいしい時間を過ごし私は後片付けも何もさせてもらえなくて少々手持ち無沙汰な感じだったがゆっくりさせてもらった。みんな本当にありがとう!
DSCN1590_sm.jpg
太郎と父の手作りのお花
DSCN1596_sm.jpg
主人の両親が持ってきてくれたピンクローズはとてもいい香り。この香りは昔からフレグランスに使っていたほど大好きな香り。

そして2日後の今日、私は友達に誘われて村上和雄先生の『祈り サムシンググレート』という映画を観に行った。これは科学者の村上先生が”祈り”というものを科学的に検証するというストーリーだった。笑うと遺伝子のスイッチがonになる。祈りは離れていても届き、人に大きなパワーを与えるらしい。そういう事は何となく知っていたのだけどこうしていろんな科学的な実験の検証があると凄く納得出来るなと思った。

私は誰かのために祈りたくなるとき、たとえば誰かが病気や命の危険にさらされているなどのときに自分が何も出来ないからせめて祈らせてもらう。相手のために祈るだけなのだがそれが実は自分にも凄くいい事に気がついた。祈るとなぜだか自分も調子が良くなる。物事がスムーズにはこんだりイライラしなくなったりする。祈りは祈られる人も祈る人もどちらにも影響するのだろうか?もしかしたら祈るというのは人にとってとても自然な事なのかも知れない。

映画を見て色々な事を考えた。父や太郎に映画の話を共有した。いただきます、ごちそうさま、おかげさまで、ありがとうなどの日本語は他の言語に完全には訳せない感謝の気持ちがはいった日本独特の言葉と村上先生はおっしゃっていた。そういう長い伝統を持った素晴らしい日本人はこれから世界の先頭にたってもっと素晴らしくなってほしいともおっしゃっていた。私も同感です。

夕食が終わってヒカルから電話がかかってきた。今、ヒカルはある学校に通っていて月曜日までに宿題を仕上げなくてはならないので忙しい。その息抜き、休憩に家に電話をしてきた。主人がいないので私と太郎とおしゃべり。たわいもない会話がたのしい。そして私は先日の誕生日祝いのすばらしい夕食のお礼をまた言った。そうしたらヒカルはこんなことを言ってくれた。「僕もとても楽しかった。とてもいい時間が過ごせたよー。ありがとう、僕の継母でいてくれて!」その言葉はどんなに私を喜ばせたか!

継母さん。英語ではstepmother といいます。ヒカルは生まれてくるときに自分の実母を選んだ後に私の事も継母として選んでくれたのだろうかと思ったのだけど、ヒカルの言葉を聞いてきっとそうなんだと強く思えてきた。私はヒカルと太郎に選ばれて本当に幸せだな〜と実感しています。『主人にも私を選んでくれてありがとう。』と帰ってきたらいってみようかな。。。






スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。