バークレイ お多福

14183 今日はいよいよ宮ぷーの退院です(かっこちゃんのメルマガ)

2014/06/30 14:08 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]


山元加津子さん、かっこちゃんのお友達の宮田利也さんがとうとう退院されます。私はサンフランシスコの『僕のうしろに道はできる』の映画を観ました。脳幹出血で倒れられた宮田さんはそのときは命の保証も無いほどの重体。そして万が一命が助かっても一生植物人間状態と言われたそうです。

その予想を大きく裏切って宮田さんは本日(日本時間)退院出来る状態までに回復されました。それはご本人の大変な努力があったと思います。かっこちゃんの献身的な介護やリハビリ、それを助けるチーム宮プーや周りのたくさんの方々やたくさんのお友達にメルマガの読者からの励まし。それらすべてが宮田さんやかっこちゃんを支えたんだろうなと思います。

宮田さんは退院後は自宅で生活をされます。まだまだたくさんの方の助けが必要な状態で、不安もたくさんあるのだと思います。でも、これから新しい第一歩を踏み出される宮田さんに先ずはおめでとうございますと言いたいです。「宮プー!本当におめでとうございます!!!」
お多福より

以下、メルマガの記事です。



14183 今日はいよいよ宮ぷーの退院です

第1790号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                    2014年06月30日現在 参加者人数6560人
 「06/30昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


今日は退院の日。その日の様子はまたお知らせします。どれほどたくさんのみなさんの温かいお気持ちに支えていただいて、何度も祈っていただいて、この日を迎えることができただろうと思います。本当に本当にありがとうございます。これからもいっぱい不安なことや、大変なことも起きるかもしれないけれど、きっときっとどんなときも、みなさんと一緒に乗り越えて行きたいです。

私は昨日の夜、なかなか眠ることができませんでした。それは、宮ぷーが退院ということももちろんすごくあります。でも、もうひとつ心の中をいっぱいにしたことがありました。今、毎日、白雪姫プロジェクトなどを通してお友だちになった方とメールをいっぱいしあって、今日は、こんなふうな練習をして、指を動かしてみたらどうだろう、今日はこんな口のケアをしてみたらどうだろうとメールをしあって、そして、うれしいことにたくんの方が、ご家族とご本人の頑張りでいろいろなことができるようになっています。すごくうれしいことだけどやっぱり、本当に大きな壁が幾度も立ちはだかって、ご家族もご本人にもとても悲しい思いをさせてしまうなあと思うのです。

私のお友だちでレッツチャットを完全に使えると感じたところでも、やはり同じ壁があります。みなさんが同じように、耳にする言葉は「医者でも、療法士でも、大学の教員でもない素人の言うことに惑わされて」「ネッで知り合った怪しい情報を信じるのですか?」ということ。そして、意識がないとか、レッツチャットはつけないとか、病院の方針に従わないのなら・・・というようなこと。私も30年前からずっとそうだったなあとそのことを何度も思って、つい思い出してしまうのです。そのあいだ、やはり、あなたは、医療従事者でも大学の先生でも何でもないのに・・・。教員の仕事ではないでしょう。あなたに何がわかりますか?というようなことはいっぱあったけど、私はついその言葉に負けてしまって、ちゃんと伝えることができずにいたなあと思います。きっと私と同じような経験をされた方がたくさんおられて、そして、今、その方法などが広まっていないのかもしれません。私もいくじがなかった。でも、今はそのことをもう繰り返したくないのです。

みんなおつらい思いをさせてしまうけれど、どうぞがんばってと言いたいです。そして、一番その人の思いをわかるのも家族や身近な人だし、そして、守れるのもご家族です。「あせらないで」「病院に任せておけばいい」「しかたがない」という事もよく耳にされると思うのです。でもわたしは、あせってもいい。一刻も早く、思いを伝え合いたいという強い思いが、ことを動かしていくと思っています。そして、病院に任せておくということが、いつか病院を責めることにつながってしまう。自分も病院も、一緒に大切な一人の人の回復を願っていきたいのだという姿勢がきっといい未来へつながっていく。そして、私の一番嫌だと思う言葉が「しかたがない」だなあと思うのです。「寝たきりだからしかたがない」「みんなこうなっていく」というようなことは絶対になくて、何か起きたら「ではどうしたらいいのか?」「どうしたら、そのことが解決できるか」を考えて行くことがみんなの新しい道を作っていくと信じています。

ご家族の悲しい思いを思うと、私もやっぱり自分のときのことを思い出して悲しくなるし、もう大好きなその方の悲しみは私の悲しみでもあります。でも、だいじょうぶと言いたいのです。諦めないで、それでも、病院と話を続けたり、自分のできることは私は隠れてでもしてきました。それがいいことかわからないけれど、それしかできないこともあります。時間がないときもある。それはもちろん場合によるでしょう。でも、尖足にしてしまったり、目のカバーが遅れてしまうことは、一生の問題ですものね。そして思いを伝える方法もそうです。私は、医療関係者でも、大学の先生でもないけれど、でも、私は、おごった考えかも知れないけれど、誰よりも思いを伝えると言うこと、回復をするにはどうしたらいいかということを、ずっとずっと真剣に考えてきました。そして、たくさんの方が回復して思いも伝えられるようになったと自負しています。

だから、私、そんなときには「私は絶対にあきらめないし、応援をし続けます」と言います。でもそのときに、私が考えなくちゃいけないことは、これは誰が悪いとか誰のせいとかいう風に思わないことだと思います。もしいけない人がいるとしたら、それは、いつもいくじがなく、しっかりと伝えることができていなかった私なのだと。だから、新しい未来に向かって進むために、伝えたり、そして、向きあったりしていく必要があるのだといこと。退院を前に、今、そんなことを思いました。あきらめないで、しかたがないと思わないことが、今につながったんだと私は信じたいです。

今日はまさおちゃんが、退院の準備に来て下さいました。たくさんの荷物を積んで、宮ぷーの家に持っていきました。妹さんが、きれいに仕分けをして準備をしてくださっています。私にはなかなかそれができません。どんなものもなかなか捨てられない。妹さんは、私とはまったく逆です。ちゃんと捨てられるし、きちんとできる。
きっとそのあいだくらいがいいのかもしれません。そのあいだくらいをチームのみんながしてくれると思います。明日は午前中に、退院をします。今日は、お昼ご飯のときに、まだ、半固形のラコールをいただけていないので、半固形にする方法も教えていただきました。それから、大好きな看護師さんにも会えて、今度はお友だちとして遊びにきてねとお願いできたし、病院のお父さんにも会えました。さびしいけれど、
だいじょうぶ。いつもつながっていられますものね。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと、リハビリのやり方を
工夫することで回復していくことをみんなにお知らせすること。その願いの実現に近
づくようにこのメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いし
ます。詳しいことは、こちらのページをお読みください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
(関連ページ)
宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/
おはなしだいすき http://ohanashi-daisuki.com/
白雪姫プロジェクト http://shirayukihime-project.net/
~~~~~~~~~~~~~~
このメールに返信で感想を送れない場合は、以下のアドレスにお送りください。
hoshinohitotsu@bcb.bai.ne.jp$ (注記:最後の$マークを消して送信下さい)
メルマガに載せることに支障があるときには、そのこともお伝えください。
◎宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001012961/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch