バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護婦のストライキ

2012/05/03 13:29 ジャンル: Category:未分類
TB(1) | CM(0) [Edit]

DSCN5192.jpg

昨日5月1日火曜日に私たちの住む近所の病院で看護婦のストライキがあった。ここの病院には私の主人(長男)の5人の弟妹たちの一番下になる妹アンが長年、看護婦として勤めている。アンはこれまた5人も子供がいるそれで看護婦さん。料理も上手だし家事も楽しんでしていていつも笑顔の素晴らしい母親の見本みたいな人だ。この明るい義理のsisterに私もいつも元気づけられる。彼女は産婦人科病棟の救急病棟で働いていて長期休暇がとれたらグァテマラなど発展途上国に看護婦として行き現地の人たちの医療施設の向上につながるようにとボランティアで働く。本当に活動的な人です。
DSCN5193.jpg

5人の子供たちが次々と独立していく中、家の中は寂しくなる一方で仕事の方は責任のある位置に移動してストレスも多いようだ。ここ何年か看護婦の労働組合での給与査定の交渉をする立場だそうだ。責任は重い。しかし、今回のストライキは給与の交渉とは関係ないと聞いた。ではなぜ?ストライキ?
DSCN5196.jpg

最近アメリカも不景気で好景気のときより資本家も儲からない。それでも一般市民から言わせれば十分収入はあると思うのだが。病院の経営に手を出しているある資本家、会社がとんでもない事を始めたらしい。病院のリストラだ。儲からない病院のサービス、例えば何らかの障害を持った女性のための病棟、乳がん専用の病棟やリハビリ施設などが閉鎖される。そうなると車で2時間以上かかる病院まで通わなくてはならない。緊急の患者さんがいる場合はどうなるのだろう。今まで近くの病院で受けられたサービスが無くなっているのだ。オークランドの隣町サンリアンドロの病院も経営者が買い取りそして近々閉鎖され患者だけごっそりバークレーの病院が受けてスタッフはリストラする。患者が増えてバークレーの病院は儲かるという計算だ。こういうやり方で経営者は信じられないぐらいの利益を稼いでいる。

配っているステッカーに書いてある「WTF (Where's the Fairness? )Sutter」Sutter Health (サター ヘルス)というのは今、病院を経営している会社の名前。WTFはどこがフェアー(平等)ですか?みたいな文句である。病院とは会社のためのものではなくて患者のためのものであると言いたいのだ。
DSCN5198.jpg
DSCN5206.jpg

急にアンにスピーチの要請があって彼女は壇上に上がった。家族以外の友達、知人から『アン!アン!』とコールされながらすごい盛り上がり。すぐ横を通る車やバス、トラックまでもクラクションを鳴らして応援して通り過ぎる。私はこういう場面、ストライキそのものに参加するのが始めてですごくドキドキしていた。スピーチで会社の不正や病院のあり方なのどの話がおわって次々にバークレー以外のサンフランシスコやオークランド、サクラメントなどからやってきた看護婦がスピーチした。私は民主主義だな、と感動したのである。「言いたい事を言える権利」を自由をアメリカは独立するときに勝ち取った。そのような歴史が一瞬私の頭をよぎって消えた。

1時間後、私たちはかえる前にアンに挨拶しようと思って近づいて少しおしゃべりした後に労働組合のマスコミ関係者がアンを呼びにきた。
FOX TV 2チャンネルのKTVUのヘルス&サイエンスの編集長でニュースキャスタのJohn Fowler(ジョン ファウラー)氏がアンをインタビューしたいという事であった。私たちは後を追って見に行った。「あーあの人、テレビでみた!」という顔のおじさんジョンさんがアンにインタビューしている。アンは全然上がる様子もなく今の病院の患者と看護婦の環境の問題や会社の不当なやり方などを訴えていた。すごいな。テレビにでる。私は残念ながらテレビは観てないが義母はラジオでアンの声を聞いたらしい。母親としてドキドキししただろうなと思った。複雑な心境だろうと思った。
DSCN5224.jpg

病院の経営者側はストライキ中に他の州から看護婦を高い給料で呼び集めストライキに備えている。なかなか交渉に応じない。アンはストライキは再度頻繁にやっていかなくては経営者側は真剣に取り合ってくれないだろうと言っていた。
DSCN5235.jpg

アンも自分の患者を放っておいて気持ちが良い訳ではない。できれば早くいつもの仕事に戻りたい。患者側も不安であろう。色々考えると早く経営者側が真剣に話してくれないかと祈るばかりである。病院の経営もうまくいって患者も安心して病院に来れて看護婦もやりがいや目標をもって生き生き仕事ができる病院経営はできないのだろうか。また次回のストライキがあれば主人と行こうと思う。自分もできるだけ行動して社会に参加したいと思うようになってきたからだ。

以下にどうしてストライキをするかという動画もあるのでよければ観てください。
http://www.youtube.com/watch?v=fjWvWPKyR_c

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【看護婦のストライキ】
昨日5月1日火曜日に私たちの住む近所の病院で看護婦のストライキがあった。ここの病院には私の主人(長男)の5人の弟妹たちの一番下になる妹アンが長年、看護婦として勤めている...
[2012/05/06 01:05] まとめwoネタ速neo
プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。