バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自閉症フレンドリーなレストラン

2017/04/18 10:11 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

自閉症フレンドリーなレストラン    
 自閉症フレンドリーなレストランと聞いて皆さんはどう思うでしょうか?私は素敵だなと思って記事を読んでみました。思った通りの記事に嬉しくなりました。私には自閉症の家族はいませんがお友達には結構います。お友達のお子さんとかも。主人がボランティアでやっている音楽グループのAll Together Nowというグループをつくってる。そこのメンバーにはたくさんの自閉症と言われる若者や子どもたちがいるので私はだいたい自閉症なるものがどんなものかは知っているつもり。私の知っている自閉症は多種多様。どの人も同じではないということを学んだ。叫ぶ人もいれば、すごくおとなしい人もいて言葉も声もない人がいる。おしゃべりが好きで同じことを鸚鵡返しに喋って周りの人にまたおなじこといってるの?と思われてしまう人もいる。

 でも自閉症ではない人も多種多様ではないか?と気づく。変なファッションが流行って一人でそんな格好をすると恥ずかしいかもしれないけど、何人もそういうファッションを見ているとだんだん普通に見えてくるだろう。それと同じなのか、みんなに知ってもらって自閉症の存在をまず知ってもらうことが大切。そして自閉症のコミュニティーなども小さいグループで近所にあるとみんなが参加しやすくていいなと思った。

 この記事ではオーストラリアで自閉症の理解が進んでいないということだったけど、アメリカではどうなんだろうか?あるところではすごく進んでいるかもしれないけど、ある地域ではオーストラリアと同じ場合もあるかもしれないと思った。やはり家族や身近に自閉症の方がいないとわからないだろうなとも思う。

 私は縁あって義理の姉の弟、ダウン症の人をたまーにお世話することがある。息子のバスケットボールのシーズンオフのパーティーと重なり一緒に連れて行くことになった。60歳と高齢のこともあり、障害があるせいでアルツハイマーの症状や耳が遠くなって関節も弱り一人で歩けないようになってしまった。食事もホークやスプーンを使わずに手づかみして汚す。こんな感じで知らない人が大勢集まる場所に彼を連れていけるだろうかすごく不安になった。トイレも大変で、もちろん主人が手伝うのだけど、開場のトイレは車椅子が入れるくらい大きいのかなど本当に不安だった。

 パーティー会場についたらすごい人で食べ物を取るためにすでに大勢の人が並んで車椅子に気づく人もなく、私は「 Excuse me!」と叫んでもなかなか道を開けてもらえなかった。案の定、これは大変だと思ったけど、係の女性が一人周りの人を押しのけて叫んでくれた。そして道はみるみるうちに広がってやっとテーブルまでたどり着いた。それからみんながなんとなくダウン症の彼を見てびっくりしている人、なんとなく離れていく人または近づいて助けがほしいかきいてくれる人などが現れて私は落ち着いてきた。やっとみんなが私達の存在を認識してくれたことに安心したのだと思う。みんなに無視されて放って置かれるのはどんなに辛いか経験できた。

 この経験では私も自閉症が知られていないならみんなに知ってもらうのが本当に大切な一歩だと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。