バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お惣菜1 ゴボウを食べましょう!

2012/05/11 15:19 ジャンル: Category:未分類
TB(1) | CM(2) [Edit]

ゴボウはたくさんの繊維があっておなかの中の長い腸の掃除もしてくれますね。東城百合子さんの家庭でできる自然療法という本にゴボウ療法というのもあります。生ゴボウを皮付きのまますり下ろして、その絞り汁を飲むと盲腸炎も炎症が無くなり楽になり手術しなくても良くなったりするそうです。これは酵素が多く、炎症をとり体毒を流すので治りにくい風邪にもゴボウ30グラムくらい生ですりおろし、自然醸造のみそ(古い程よい)を混ぜ、熱湯を注いであついのを飲むと腸内細菌の活動も盛んになり、全身の細胞が動きだし、たまった毒素も老廃物も流してくれるので風邪もすっきり治ってくれるそうです。

90歳のおばあちゃんは入浴して夜寝る前に自然農法のゴボウと自然醸造のみそでこのみそ汁を3日間続けたら、腹痛の後3日目からびっくりするほどの宿便が数日でて後はすっきりしたそうです。

今時、自然農法のゴボウを探すのは難しいですがなるべく農薬の少ない漂白していない土付きゴボウが手に入ればいいですね。ここ、バークレーの近所のスーパーには時々有機栽培の土で真っ黒な短いゴボウが売っています。少し高いですがたくさん食べなくてもおなかの調子をやっぱり整えてくれます。

今回のゴボウのお惣菜はよく見かける長いゴボウを使いました。無農薬ではありません。
DSCN4959.jpg

きんぴらごぼうの作り方
材料 ゴボウ2本
   ニンジン細いの2本(太いのは1本)
   炒め油(健康的な植物油)大さじ1から2
   ごま油 大さじ1
   酒 1/2カップ(50cc)
醤油1/4〜1/2カップ
*酒と醤油はあらかじめ混ぜておく。
*味付けは私の場合はなるべく塩分控えめにしていますので個人の好みで味を見ながら調整してください。
 
作り方

1)ゴボウ2本は皮付きのまま土を落とす程度にたわしで軽くこすって汚れや伸びた根っこをとる。皮は剥かない。むくと風味も効能も落ちる。
DSCN4940_20120511154248.jpgDSCN4941_20120511154247.jpgDSCN4951_20120511154244.jpgDSCN4952_20120511154243.jpg

2)斜めに薄切りして斜めにスライスしたゴボウをまた縦長に細く切る。切ったらすぐにボールに入れて水につけて灰汁抜き10分ぐらいする、水はかえないでアクをアクで洗う感じでボールの中のゴボウの洗ってざるにあける。ざるに開けてから新しい水でさっと流すだけで水を切る。
DSCN4944_20120511154246.jpgDSCN4945_20120511154245.jpg

3)ニンジンもゴボウと同じように斜めにスライスしてから細長くきる。
DSCN4954.jpgDSCN4956.jpgDSCN4957.jpg


4)フライパンを強火で熱して油をいれて水を切ったゴボウをいれて強火で5分くらい炒める。強火のまま次にニンジンをいれて3分ぐらい炒める。酒と醤油をあらかじめ混ぜておいたものを半分の量だけ入れてさっとかき回してフライパンに蓋をして弱火にして少し煮る。ゴボウが好みの柔らかさになったら味を見て味が薄いと思ったら残りの酒と醤油を足す。分量どうり入れなくてもいい。塩分は控える事でだんだん自分もなれてきて野菜の味がもっと分かるし健康にも良いので意図的に減らすのもいいと思いいます。少しずつ薄味にすれば家族に気づかれない。
5)蓋をとってまた強火にして汁気が無くなったら最後にごま油をいれて炒めて火を切る。白いりごまをまぜてもおいしい。


DSCN5252.jpg
ゴボウと豚肉の炒め煮の作り方

材料)ゴボウ2本
   豚肉 100グラムくらい(余っていた豚肉を使いました。他の肉やミンチでもいいです)
   健康的な植物油 大さじ1
   酒(またはみりん)1/2カップ(50cc)
醤油 1/2カップ
   甘くしたい人は黒い砂糖を小さじ1または米飴や麦飴を大さじ1いれてもいい。
*調味料はあらかじめ混ぜておく。
作り方)
DSCN5246.jpg
ゴボウを4または5㎝にきって縦半分またその半分と1/4に縦割りにして切る。

DSCN5247.jpg
切ったら次々に水につけて灰汁抜きする。水は取り替えない。10分ほど灰汁抜きできたらつけた水のままで手でかき回して洗う。灰汁がいっそう出て水が汚れる。そのままざるにあけてざるのままさっと水洗いして水を切る。

DSCN5249.jpgDSCN5249.jpg
フライパンを熱して油をいれて豚肉を強火で炒める。炒めるときに油が飛ぶので蓋しても良い。自分にも飛ばないし周りも汚さない。

DSCN5250.jpg
次にゴボウも入れて炒める。蓋をしてもいい。

DSCN5251.jpg
炒めている間に豚肉の脂がよけいに出てくるときはペーパータオルで油をとる。少し焦げ目がつくぐらい炒めるとおいしい。

余計な脂をとったら酒と醤油を半分の量いれる。そして中火にして蓋をしてゴボウが好みの柔らかさになるまで煮る。差し水をしてもいい。ゴボウは煮えたら強火にして残りの酒、醤油を加える。薄味が良ければ全部かけなくてもいい。汁気が無くなって照りが出たら火を止めて出来上がり。
肉を入れたくない人は鰹節やちりめんじゃこや干しエビなんかいれてもいい。ゴボウだけでするなら最後にごま油を加えたり肉の代わりにガーリックを炒めてもいいと思います。自分流にアレンジしてください!
次回は大根編です。








スポンサーサイト

ごぼうって栄養素高いんよねー
キンピラ、作ってみるね。ごぼうの皮をほしてごぼう茶っていうのもあるんやってね。レシピありがとう~
[ 2012/05/12 21:23 ] [ 編集 ]
郁子さん、いつもコメントありがとうございます。ゴボウ茶知らなかったです!
[ 2012/05/15 13:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【お惣菜1 ゴボウを食べましょう!】
ゴボウはたくさんの繊維があっておなかの中の長い腸の掃除もしてくれますね。東城百合子さんの家庭でできる自然療法という本にゴボウ療法というのもあります。生ゴボウを皮付きのま...
[2012/05/12 06:54] まとめwoネタ速neo
プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。