バークレイ お多福

63回目の母の日

2012/05/15 13:40 ジャンル: Category:未分類
TB(1) | CM(6) [Edit]

義母は自分の家の庭に咲いていたピンクのバラをとってきてくれました。ピンクのバラは私の一番好きな花です。
DSCN5426.jpg

昨日はアメリカでも母の日でした。近所の人とあっても『Happy mother's day!』と挨拶します。お母さんどうしでも言い合います。娘がお母さんに『Happy mother's day!』と言って、娘さんが母親ならお母さんはまた娘に同じ言葉を言い返します。お互い母親で祝いあってる。少し日本の母の日とはまた違った感じです。

私は結婚する前は母の日が好きではありませんでした。それは自分の母親が私が高校生の頃家を出てそれっきり行方が分からなくてとうとう父と離婚してしまったからです。母親がいなくなった私には関われないような日でした。それでも母の日というと自分の母親は今頃生きているのかどうしているのかと考えてしまいます。それも煩わしかったのだと思います。

私の義理の息子にとってもあまりうれしくない日です。この日は自分と同じように実の母親を亡くした友達とどこか食事などに行くのが彼の過ごし方です。私と同じように思い出したくない事も懐かしい事も湧き出てきてどうしていいか分からなくなるのだろうと思います。

結婚して私はお義母さんができました。義母は私が理想とする女性でとても素晴らしい人です。だから母の日が結婚してからは楽しみになりました。母の日は外食か我が家で夕食を食べるかで一緒に過ごします。今年は色々他の予定があって当日までどうするか決められないでいましたが早めに夕食を家で食べてから近所の店にフラメンコのダンスショーを見に行こうかと提案していました。

このフラメンコダンスのショーには私の友達がでるので私はどうしても行きたいと思っていましたが、母の日ですから義母たちがどうしたいか優先しようと思っていたので、もし義理の両親が行かないといったら主人と息子を置いて私だけ観にいこうかと考えていました。フラメンコショーに私の友達が出ると聞いて義理の両親もなんとなく興味がわいたらしく開演5分前にダッシュででかけた私たちでした。

もう、始まっていましたが早速はいって薄暗い中で座席を確保して観ました。ソロでアメリカ人?ブロンドの髪で結構、がっしりした女性が踊っています。とても迫力のあるダンス。そして端にスペイン語で歌をうたうおじさんとギターを弾くお兄さんが座っていました。歌の文句や意味は分かりませんがとても心にぐっとくる歌なのです。声もハスキーなのに伸びがあって高い声低い声音域もあって素晴らしかった。その声とギターの演奏に合わせてフラメンコダンサーが踊るし、時にはダンサーに歌や演奏が合わせているような気がしました。魂が揺さぶられる感動をしました。主人も同じことを言ってました。そして遠い本当のスペインのどこかに連れて行かれたような感じがしたとも言っていました。

友達のダンサーも出てきました。なぜか、義理の父は『ゆかりの友達は真ん中の人だろ?」と初めからわかったようでした。初めは大勢のなかで踊っていたのによくわかったと思いました。彼女はソロもありましたし、初めにでてきた迫力のあるブロンドの女性と2人でも踊っていたしその他大勢の中でも踊っていたし本当にすごい体力、スタミナです。日本人とは思えない情熱的なダンスでした。でも、ふとした仕草が日本人らしい繊細で可憐な感じもあって対照的でおもしろい。

彼女はとても華奢な人で普段はとてもあんなに激しく踊れるとは思えない感じでした。フラメンコダンスというのはステップでドンドンと床がなるくらい音をだして力がいるのに手は手で大きく広げたり手拍子をしたりしますし指先にまで力が入った感じに見えます。身体も激しく回ったり踊ったりして急に静止してポーズして決めるところとかあるし本当に力がいる踊りだなと思うのですが、誰も「はあはあ、、、」と息が切れてる様子を見せない。この人たちの心臓や肺はどうなっているんでしょうねと驚きました。

義理の両親たちは座席から立ってずっと観ていました。足の動きが気になったのでしょう。私たちの席は一番後ろだったので座っていると足の動きまで見えなかったからでした。それほど義理の両親もこのフラメンコショーが楽しかったようで私も主人も一緒に来てよかったと思いました。

義理の父は頑固であまり喜ばない人ですがフラメンコショーの後は上機嫌でニコニコしていました。ショーのあった店の近くに義理の両親たちが初めてバークレーにきて住んだ家がこの近所にあるという事が分かり車で、帰り道少し寄り道して見に行きました。私の主人が2歳の頃ですから61年前です。そんな古い家(あちこち直していると思いますが)今も残っていて私たちの知らない人が住んでいます。日本じゃ考えられないなと思いました。

その寄り道のあとまだ義父は『まだ早いなー』と時計を見ました。8時前で外も最近は8時半を過ぎないと暗くなりません。早い話が義父はまだ今日を終わりにしたくない感じなのでした。義父は「今から今度はうちにきてみんなでアイスクリーム食べない?」と誘いました。「それ、いいねー」という感じで3次会。義理の両親の家でデザートとお茶をごちそうになりました。

忙しかったけどとても楽しい「母の日」でした。帰るときに義母に最後また「Happy mother's day!」といってハグしました。義母も同じように返してくれて今日はとても楽しかったと言ってくれました。来月、義母は85歳になります。来年も64回目の「母の日」をみんなで祝えますようにと祈らずにはいられません。上機嫌の義父にもハグして「おやすみ」といったあと、主人が今度自分の父親にハグして「Happy mother's day!」というので(なんでお父さんにそれいうの?と)みんなで大笑いして義理の両親の家を後にしました。

義理の両親の家のスノーホワイトとう名前だったと思います。
DSCN5077.jpg
義理の両親の庭にも小さいふじの花があります。
DSCN5076_20120515132834.jpg
義母と太郎
DSCN5078.jpg








スポンサーサイト

大家族でご登場、真砂子さんも喜んでたし感謝してたよ(^^)

母の日、お義母さんもゆかりさんもおめでとう~
[ 2012/05/15 13:56 ] [ 編集 ]
郁子さんも「Happy mother's day!」でした!ありがとうねー。
[ 2012/05/15 15:08 ] [ 編集 ]
母の日
素敵なお話に、すごく感動しました。やさしいお人柄のにじみ出た日記。胸がいっぱいです。
スノウホワイトのお花もうれしくなりました。
[ 2012/05/18 11:34 ] [ 編集 ]
かっこちゃんありがとうございます。スノーホワイトの花は他にも種類があるようで白くて小さい花が咲く花の種類みたいです。雪絵さんの花ですから、とても真っ白で可愛くて気高い感じがします。
[ 2012/05/18 12:21 ] [ 編集 ]
いいお話でした❤
此処に遊びに来たらお多福さんのブログについついはまりました。
他も読ませてもらいました。
初めてなのにとても惹きつけられました。
生きてると色んな事がありますが・・・
かっこちゃんの言うとおり~~~
きっときっとぜ~んぶいつかのいい日の為にあるんですよね。
優しい家族と繋がって、
お多福さん良かったですねっ☆v(o^0^o)v☆ィェィww☆
[ 2012/08/21 15:45 ] [ 編集 ]
ココママさん、ありがとうございます。なぜか、昨日、実の母のことばかり考えてました。でも前ほど嫌な感じはなくて、いつか育ててもらってありがたいと言えるんだと思います。
[ 2012/08/22 13:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【63回目の母の日】
義母は自分の家の庭に咲いていたピンクのバラをとってきてくれました。ピンクのバラは私の一番好きな花です。昨日はアメリカでも母の日でした。近所の人とあっても『Happy mother
[2012/05/18 19:27] まとめwoネタ速neo
プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch