バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター作りとタイカレー いろんな事があった1週間

2012/07/05 03:19 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

DSCN5700_sm.jpg

バークレーの夏は夏らしく暑かったりサンフランシスコ湾から霧が来て冬みたいに寒くなったり結構忙しく着替えます。ここに住んでから日本にいたときのように衣替えの整理をしなくなりました。気温が変わるのでフリースのジャケットはほぼ、1年中着ているし、時には夏でもダウンジャケットが必要になります。日本じゃ考えられない格好をして夏を過ごしています。昼間は急に暑くなってくるときのために上着の下は半袖のTシャツを着てるし。季節のおしゃれよりも風邪引かないようにするのが先決かも!

ここ最近、暑いときはメキシコ料理とかタイ料理とかインド料理とか、スパイシーなものが食べたくなりますが、子供のいる家庭ではなかなか辛いものは食卓に出すのは難しいですね。私も子供に合わせて辛いものを食べなくなりました。家でつくると辛さを調整できるから良いなと思います。それで、以前私の誕生日に友達が作ってくれたカボチャとサーモンのタイカレー(イエローカレー)を思い出して作る事にしました。

カボチャとサーモンのタイカレーの作り方 6、7人分

材料)カボチャ 1個 (半分に切ってアルミホイルで包んでオーブン400℉(200℃)で3、40分焼いてフォーク矢竹串をさして簡単に通るくらいまで柔らかくする。蒸しても良い。さめたら皮をとり食べやすく切る好みで皮をつけたままでもいい)
DSCN5284_20120704144325.jpgDSCN5285_20120704144324.jpg

  サーモン 1パウンド(約453グラム)皮をはいで食べやすい大きさに切って塩、胡椒をふっておく
DSCN5289.jpg


   ココナッツミルク 2缶 (1缶13.66FL.OZまたは 403ml)

   イエローカレーペースト(タイカレーペースト)大さじ2から4(好みの辛さでいれる)
DSCN5342.jpg


   にんにく 2片(つぶす)

   タマネギ 1個 (みじん切り)
  
   オリーブ油 大さじ2から3

   塩 適量

   コリアンダー(香菜)シラントロとも言う。三つ葉に良く似た香りの強いパセリのみじん切り

DSCN5705.jpg

作り方)
1)まず、油大さじ1を引いたフライパンでにんにく、タマネギをきつね色になるまで水を足しながら良く炒めてる。キャラメル色になったら出来上がり。
DSCN5706.jpg

2)新たに鍋にフライパンに油大さじ1から2をひいて強火でサーモンを焼きます。
DSCN5707.jpg

3)サーモンの外側に火が通ったらイエローカレーペースト、初めにタマネギとにんにくを炒めたものを入れてそれからココナッツミルクをいれる。最後にカボチャを入れて沸騰したら火を弱火にして蓋をして10分ぐらい煮る。蓋を取って塩を加えて好みの味になれば
できあがり。コリアンダーが苦手な人はフレッシュなバジルの葉をいれて食卓に出せば見栄えもいい。なければドライの粉末小さじ1/2ぐらい入れてもいい。
DSCN5709.jpg

カボチャとサーモン?と思うとあんまりピンとこない私も食べてみて大好きになりました。お試しあれー!ロングライスと一緒に食べてください。普通のご飯でもいいです。

DSCN5712.jpg

この日は下ごしらえもばっちりで早々にカレーを作ってしまおうと余裕の構えでいた私に突然、主人が台所に侵入して仕事を始めてしまった。。。ので夕食の準備ができなくなった。40分、50分、待つ事1時間。6月末からのカナダのモントリオールでの展示会に間に合わせるため主人も必死で作っているので文句は言えない。この何ヶ月かこっちまで気ぜわしくてなんだかハラハラしていた。以下、簡単な1週間の日記。

DSCN6106.jpg
6月28日徹夜しても最後の仕上げができずにカナダに旅だった主人を心配しながら過ごしていると、その夜主人から電話でギターは別の飛行機に乗っていてまだ手元に届かない。次の日の朝つく予定らしい。次の日って展示会当日!?

6月29日展示会当日、展示会が終わって夜、電話が主人からあった。ギターは朝、無事主人の手元に届いて最後の仕上げをして展示会開催時間にギリギリ間に合ったらしい。この日の昼に演奏もしてもらうので絶対間に合わせなくてはならない。本人もヒヤヒヤしたことだろう。私も本当に心配で落ち着かなかった。

6月30日、展示会後に展示会主催者のパーティーい行ってたくさんの人と会話して楽しかったらしい。モントリオールの人々、雰囲気も良いと電話で言っていて久しぶりにご機嫌な感じでほっとした私。

7月1日、2日、主人のいない間、私は車の免許がないので主人の妹や弟に太郎の学校の送り迎えをお願いしていた。主人の弟は連結の2人乗り自転車で送ってくれたが、行きしなに自転車の連結を完全にしていなかったために後ろに乗っていた太郎の自転車は外れて道路に転倒。太郎も肘を強く打って顔も少し擦りむいた。携帯電話からすぐ連絡があり、大事に至らない事を確認して太郎に電話をかわってもらった。私は心配でしょうがないのに口から出た言葉は『しっかりしなさい!泣くんじゃないのよ』みたいな事を言っていた。主人の弟は本当に大変な事をしてしまったという感じでこちらもなかなか立ち直れない感じ。とにかく、家に戻ってくるというので私も家で待たずに小走りに迎えにいって途中、2人に会えた。

太郎の状態を確認して半べそ書いている太郎の涙と鼻水を拭いてずっと謝っている主人の弟に『太郎は大丈夫なのでもう一回学校に連れて行ってください』とお願いした。家に帰っても状況は良くならないと思ったから。無事、送り届けて帰ってきて3時間後にまた主人の弟は太郎を迎えにいった。太郎も怪我は少し痛かったけど学校にいってよかったようだ。元気で帰ってきたし、主人の弟も責任を果たしてくれた。でも彼はしばらくこの失敗で後悔するだろう。とても太郎の事を大事に思ってくれているから。

7月2日、展示会を終えて主人がバークレーに帰ってきたがひどく疲れている。とうとうそのまま寝込んでしまった。風邪をひいたらしい。今までの疲れも出たのだろう。精根尽きた感じ。お疲れさま。

7月3日、主人は引き続き寝込んでいる。というか、今まで眠れなかった睡眠を取り戻している感じで寝ている。寝てばかりいると体力も落ちるので「座ってね!」というと、座ってから良いのか悪いのかコンピューターで仕事を始める。今日はアンの看護婦のストライキがまたあって、私の父、太郎、私でいなり寿司を持って応援に行った。あまり長くはいれなかったが少しアンと話してみた。状況はなかなか改善されず難しい状況だと言う事だった。
DSCN6198.jpg
DSCN6193.jpg
DSCN6190.jpg
アンは、もうすぐお誕生日でお友達が近所のお店でカップケーキを買ってきてハッピーバースデーソングをみんなで歌ってお祝いした。

主人の仕事の事、アンのストライキの事、私のいろんなモヤモヤもいつかのいい日のためだと思って前に進むしかないのであった。人それぞれ状況、生活環境も違うのだから悩みも違うだろう。それぞれの悩みはきっと自分を前に進めてくれる原動力になるに違いないと思う。日々、1日1日を大切にしたいなと思った。

私は昔、RCサクセションが好きで良く聞いていた。ヴォーカルの忌野清志郎さんの歌声が今でも頭に響いてる「いいことばかりはありゃしない」http://www.youtube.com/watch?v=hI1y2lncfdoうまくいかないときに自然に口ずさんでいる。”いい事ばかりはありゃしない、昨日は白バイに捕まった〜いい事ばかりでわらってりゃ〜うらめうらめで泣きっ面〜何も変わっちゃいない事に気がついて坂の途中で立ち止まる。。。」いまでも坂のと途中で良く立ち止まる私。さぁ、美味しいものでも食べてまたがんばろう!と思う。








   

   
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。