バークレイ お多福

身体においしいスープ

2012/03/31 16:04 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(1) [Edit]

今日からはスープについて色々書かせていただきたいと思います。その前に少し自分の食生活がなぜ変わったかを簡単に書きたいと思います。

私がまだ独身で仕事ばかりしていた30代半ばの頃、突然顔が真っ赤に腫れて目が開けにくいくらい瞼も腫れてお化けのような顔になってしまいました。すぐに医者に行って皮膚科で見てもらっても原因が分からずあきらめていたとき友人に紹介されたむつう整体にいって施術をうけ治りました。そのとき今までの間違った食生活で自分の健康レベルが低くなった事に気づき反省し玄米菜食を実行しました。それからは内蔵の調子もよくなりました。マクロバイオティックを知るきっかけになったのもこの時期です。それから’人間は住む環境は簡単にかえられないとしても食べるものは自分で選べる’とマクロビオティックの久司道夫さんが本に書かれていた事が印象的でした。自分で選べるのになぜもっと自分を健康にするものを選ばなかったのかと初めて過去の食生活を後悔しました。久司さんの他に東城百合子さんの本も読みました。そして自分も実践し始めました。また、むつう整体の考え方で「引き算の生活」というのがあります。私は以前は「足し算の生活」でした。いろんな種類のビタミン剤や健康食品、あらゆるマッサージや鍼灸や健康法を試していました。「引き算の生活」こそが自分の本来のイネイト(自然治癒力)を全開させる事を知り生活は全くシンプルになりました。
こんな事があって今の私に至るという訳です。

私は料理が好きです。食べるのもみんなに食べていただくのも両方好きです。あるとき辰巳芳子さんの「いのちをいつくしむ新家庭料理」という本を見つけました。ただの料理の本ではないというタイトルにひかれ中身も見てみると家庭料理というよりももっと専門的な難しい感じを受けました。見ているうちになぜか手放さなくなって買いました。買ってよかったと思います。この料理の本は読めば読むほど奥が深いのです。そしてもっと真剣に台所に立たなくてはならないと気が引き締まるのです。

辰巳さんは「スープの会」というのを開いておられました。今は残念ながらお休みのようです。
「いのちをいつくしむ新家庭料理」の本の中でこんな事を書いてらっしゃいます。
”スープの中に、煎汁(せんじゅう)ー煎じて、さながら煎じ薬のようにして作るたぐいがある。効果も、医食同源、薬食一如的である。ー中略ー 昔、料理のできる看護婦は、特等看護婦の資格が与えられた。家庭婦人、とくに上流ほど教養の一端とされ、不得手なものは軽んじられた。スープのことを昔はソップと言った時代で、抗生物質はなかった。ソップは捧げるが如く病室に運ばれたものだ。点滴のじだいにはなったが、野菜やコンソメ、一番だし、解説するこれらの煎汁は、生身の身体にとって永遠のものと思う。ーつづくー”
この文章を読んでスープの力を教えていただいた気がしました。

いろんな蘊蓄(うんちく)もありますがそれが私の今のやり方につながっているという事です。
忙しいときに時間がかかる料理はできないと思いがちです。私の場合は初めから最後まで一度にやらないときもあります。2、3の事を平行して合理的にしてしまうこともあります。そうやって時間やコストをやりくりしてなるべく手作りを家族に食べさせるようにしています。次回は冷蔵庫の余った野菜と骨付き鶏肉のチキンスープの作り方をご紹介します。


スポンサーサイト

ゆかりさんの身体に優しいお料理の数々には、そういう本との出会いがあったんたね☆
うちもゆかりさんの影響ですっかり玄米家族です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
[ 2012/04/02 01:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch