バークレイ お多福

岡山1000人大会のバスツアーのお知らせと最近の私が思うこと

2012/11/19 15:23 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(4) [Edit]

はじめに、白雪姫プロジェクト1000人集会 in 岡山!のバスツアーのお知らせがあります。交通手段でバスツアーをお考えの方は参考にしてください。以下、山元加津子さんのメルマガからのバスツアーのお知らせです。
***
Facebookに白雪姫プロジェクト1000人集会in岡山で会いましょう!
https://www.facebook.com/okayama1000
というところがあって、バスを組んでくださっている方がおられることを教えてくだ
さった方がおられます。その情報をまとめたものを送ってくださいました。
***
徳島からのバス情報 28人乗りバス確保出来たので、徳島から香川に向かって何ヵ所
かひらいながら行こうと思います。ご希望の方は、山田真弓さんにメールしてくださ
い。
mayumi.y0008@ezweb.ne.jp FBのメッセージでもOKです。

***
大阪からのバス情報
岡山総社市でのイベント会場までの往復バスを用意しました。限定20名ですが、電
車だと、難波から総社まで片道6000円で往復12000円くらいです。しかし、バスだと
~~~往復5000円で...行けますよ~^^人数が少なくなると、みんなで少しづつ追
加になる可能性も含めて><みんなで行きませんか?日帰りです。出発は難波から出
て、梅田もよっちゃいます!お申し込みは、入江ふ~ちゃんにメッセージしてくださ
いませ~これは、バス代だけですので、当日の入場料やご飯代は含まれませんのでど
うぞよろしくお願いします^^バスでかっこさんや靖子ちゃんの応援に行って下さる
人是非、よろしくお願いします!(facebookでふ~ちゃんにお申し込みくださいね)

***
北陸方面バスツアーの情報です。12月8日の早朝 富山発 金沢 福井経由で、岡山
1000人集会に日帰りで大型バスで出かける人を募っています。費用は1万円。これは
バス往復料金のみで、食事代や岡山イベント参加費は含まれません。くわしいことは
まこちゃんまで mako13@i.softbank.jp メールをお願いします。
***

今週は雨期らしくバークレーも雨ばかり。去年まではこんな雨期の季節でも雨具を着て散歩などで外に出ないとどうしようもなかった太郎だが、幼稚園に行きだしてから外出するのがおっくうになってきた様子。近くに買い物に行くときでも私についてきたのに最近はおじいちゃんとお留守番するという。以前は雨だからこそ喜んで長靴とレインコート着てはしゃいでついてきたのにな。。。まぁ、一人で買い物行く方が早くすむからいいけどなんかつまんないなと私。

最近、太郎が家にいるのが好きになった一つはお裁縫に興味を持って毎日なんか作っているせいもある。フェルトを好きな形に切っては針に糸を通してチクチクやっている。何がそんなに面白い?と思うのだけど。週末はヒカル兄ちゃんもきて一緒にやっている。さすが兄弟!へぇー。ヒカルもお裁縫、好きなのね。

太郎が糸を結べだの色々言ってくるので面倒くさい私は「ボンドで貼ったら?もっとはやくできるよー」とあまりよくないアドバイスをした。太郎は『そんなのダメだよーマミー』とすぐに跳ね返す。好きなことは面倒でも根気よくする太郎だから勉強も楽しければ根気良くするのだろうか???
DSCN8810.jpg
ヒカルと太郎の作品『シャーク』

幼稚園での懇談会のときに先生は太郎の状態、事情を知ってある作戦を練ってくれた。絵が上手にかけても何か字を書かないと褒めない。宿題は基本的にないが宿題のように太郎が家で何かやって先生に見せたら褒めるとか。先生の注目が欲しい太郎には効くかもしれない。私も私が教えるといやがるので義母に手伝ってもらうことにした。嫌なことはやりたくない。やらなくていい。自分のしたいようにするという太郎の学習態度に少し変化が感じられる。

前の金曜日は私はボランティアで幼稚園にいた。先生がうれしそうに私を呼ぶ『太郎が1~10までちゃんと数字のカードを並べたよー』私は「へぇ~」という感じ。でもここで褒めなければだめだと褒めた!母親の私もタイミングがずれてる。先生のおかげでよいタイミングで褒めたらその後も太郎はがんばった。

実を言うと、私は他の子の数字を書く練習やはさみで紙を切る練習で忙しくて余裕がない。子供たちは誰か大人の注目がないと出来なかったり集中しない。先生はいつもは一人で20人をみておられるんだなと思うと本当に感心する。私は日本の教育を受けたので1クラスはもっと多かったかもしれない。ここでは日本の子供たちのように大人しい子供は一人もいない。みんな自己主張が5、6歳でしっかりできる。質問も納得いかなければ繰り返して聞いてくる。そういう面では常に1対1の対応で20人でも大変なのだ。

昔、私は幼稚園が大嫌いだった。そのせいか、先生の教えることがすんなりできなかった。腹を立てた先生は私の頭を怒って殴った。親に殴られたことのない私には一度きりだったけど本当に怖かった。親のいる前ではいつもニコニコしている先生は普段は怖かった。幼稚園で私は他の子供たちと違っていたのだろう。

子供の成長には差がある。幼稚園では劣等生だった私でも小、中、高校の義務教育をなんとか卒業している。昔あんなに分からなかった算数の応用問題や国語の問題も今はなぜか分かることがあるのでやっぱり成長すれば分かることがたくさんあるなと思う。

私は数を数えるのがとても苦手。人数も同じものがたくさんあって数えるのも難しい。今でも紙に書いて消したり、印を付けて数えないとダメ。それでも間違う。たまに人にそんなことを話すと大笑いされる。もう、慣れてて恥ずかしいとも思わない。だって本当に出来ないからどうしようもない。あと、最新のアイホーンやコンピューターの画面変更のときの画像で酔ってしまう。視覚的か感覚的かよくわからないがもしかしたら凄く弱いところがあるのかもしれない。

計算も苦手だし、数を覚えるのも苦手。苦手と言えば努力すれば何とかなるものよと大人に言われがんばってきたが少しはマシになったのかな?私は日本で通算15年間服飾のデザイナーの仕事をしていたがこの職種には私と同じような人もいて安心したものだった。『デザイナーさんは数字に弱いから困るねー』なんて言われて「へへへ、、、ごめんねー」で済ませられることもあるが付属(服のボタンや肩パットなど)の発注を1桁間違えて多く注文して上司に怒られ、付属店にご迷惑をかけた大きな失敗もある。

親戚の叔母(残念ながら2年前に亡くなった)が私の回転の遅い頭を心配していつも忠告してくれたがいつの間にか叔母が小さい頃は算数が良く出来て先生に褒められた自慢話にすり替わって私は凄く惨めになったものだ。それでもいいアドバイスだったのは電話番号が暗記できない私にある方法を教えてくれた。例えば889−1504という電話番号があれば889(はやく)1504(いこおよ)などど言葉を当てはめるやり方。これで私は自宅及び、親戚の電話番号を当時覚えてしまった。

アメリカに引っ越してきて自宅の電話番号がなんと!2年間覚えられなくていい加減に恥ずかしかったのでがんばって覚えようと思ったがまるで頭に入らない。昔の自宅の番号とこんがらがってますます途方に暮れていた。叔母のやり方でも言葉に当てはめにくい番号なので難しかった。でもこの方法ですぐ覚えた。737−1931という番号だとすると737は2つの7の間に3があるとイメージ(絵)で覚える。1931は2つの1の間に93があるとこれも同じようにイメージで覚える。これならすぐに覚えられるのだった。

クレジットカードの暗証番号等も2つの数字に分けてイメージで覚えた。普通のに数字をみただけで覚えられる人にすればなんと面倒なことをわざわざするんだろうと思われるだろう。しかし、こうしなくては覚えられないのです。

そういえば私が小学校2年生のとき、母が学校の懇談会から帰ってきて心配した様子で私に尋ねた。『算数の九九は覚えてないの?』私は「覚えられない」と返事した。九九のテストはいつも満点だったから母はびっくりした。私は九九を覚えずに足し算で答えを出していた。例えば5の段なら5を順に足していけばいい。でも2桁3桁のかけ算になるとこれは通用しないので先生にバレたのだった。母はお菓子箱の包装紙の裏に九九を全部書いて毎日私に九九を覚えさせた。九九は2×2=4ニニンガシなどと歌のように調子をつけてなんとか覚えられた。母が私に勉強を強要したのはこれが最初で最後だった。

考えてみれば私はかなりの問題児だったかもしれない。幼稚園以降は好きな先生も何人かいて楽しい学校生活を送ったと思う。自分がどんなに出来なくても当時の学校では自分でがんばって勉強して克服していくしかないと思っていたし、そうすべきだと思った。出来てもそれは当たり前で褒めてもらえなかった。そしていつか勉強のできる人と自分を比較して劣等感を感じていたに違いない。そういう自分にだんだん嫌気もさしてきた。

全く違う環境で教育を受けている息子をみながら自分とあまりにも違ってハラハラドキドキのときもあるがとてもうらやましいのも事実だ。私は幼稚園に手伝いにいっているといいながらもう一度幼稚園からやり直している感じかもしれない。下手なスペイン語と英語で子供たちと一緒に本を読んだり読ませたり。時々子供たちは『ゆかりー!それはね、こういうふうによむんだよー』と教えてくれてやりなおしたり、ホント、どっちが教えてもらっているか分からないときもある。

頭の回転は遅い私だけど、頭はこれから歳を取ってもどんどん柔らかくしていきたいと思う。鈴木鎮一さん著の『愛に生きるー才能は生まれつきでない』という本がありますがご存知ですか?私はある方からこの本の内容を聞いてとても読みたいと思っている。『フィンランドの森ひろば』(http://finland-no-morihiroba.blogspot.com/)というブログでこの本のことが紹介されています。興味のある方はブログに訪問してください。とても素敵なブログです。

鈴木先生はあの有名なスズキ メソード(音楽学校)の鈴木先生でした。バークレーにもありますが月謝が高くてとても息子を通わせたりは出来ないのだけど本はいつか読みたいなと思う。鈴木先生は音楽の先生なのですが音楽の教育を通して一般企業の向上のためにたびたび講演会もされたらしい。そして問題を克服する的確なアドバイスをされて仕事の効率が上がったある工場のお話が印象的でした。効率を上げるために仕事を1時間早く切り上げて社員に卓球をやらせて仕事の効率を上げたそうです。なんと面白いのでしょう。私はまだ鈴木先生のご著書は読んでいませんが鈴木先生はとても頭の柔らかい方だと思います。私も少しでも鈴木先生に近づけたらと憧れるのでした。       
スポンサーサイト

十分過ぎる!
頭の回転が遅いだなんて・・・謙虚な事を仰られてますが、私から見たら十分過ぎます!
私の親友で学生時代は殆ど受験勉強をせず、某国立大に入った子がいます。
彼女は授業だけ聞いて、試験前に教科書を1回読めば句読点も全部頭に入ると言ってました!
こっちは死に物狂いで勉強しても大した結果が出ず(笑)実にアンフェアーだと思いました!
それでも私がこの世を去る日まで、こんな脳だけどしかりと働いてもらうよ(笑)
[ 2012/11/20 04:29 ] [ 編集 ]
RNさんありがとうございます。私にそんなこと言ってくれるのは相当な勇気ですよー。私は自分が苦労している分、子供たちには気長に付き合えるかもしれないなと思うんです。鈴木先生がおっしゃっていることですぐに出来なくても諦めずに継続することが大切だというのがよくわかります。RNさんは過酷な試験も突破されているのを私は知っています。やっぱりお仕事がお好きだからそんなにがんばれるのでしょうか?RNさんの脳みそは凄いですよ!
[ 2012/11/20 15:01 ] [ 編集 ]
ゆかりさーん、電話番号や暗証番号はなかなかおぼえれなくても
お料理のレシピはすぐに覚えてるよね〜☆ 分量や温度もすぐに答えてくれるし(^^)

興味があることに結びつけたら
頭の回転も脳みそも更に活性するのかもね〜 太郎くんもフェルトで字を切って、それで単語にしてデザインしたら一石二鳥かもよ(^^)
[ 2012/11/20 22:15 ] [ 編集 ]
オカリナさん!さすがです!そうなんよね。自分の興味のあることに繋げたらいいのよね。料理の分量ね。確かに覚えてるね。ずっと前に話してくれた授業が全部遊びみたいね私立の月謝の高い学校の話を思い出します。公立でもそんな学校があればいいなと夢のようなことを考えています。
[ 2012/11/21 12:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch