バークレイ お多福

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の社会とは

2015/08/11 07:59 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

近所のお寺は浄土真宗東本願寺大谷派。これは私の父の家の代々の仏教らしい。アメリカで近所にそのお寺があるなんてすごい縁だなとはじめは思った。主人も他界された奥さんと次男がこのお寺でお世話になった。そんな偶然も重なり主人と私の結婚式はここで行ったのがもう9年前になる。

日曜日の朝にお寺に話を聞きに行ったりバザーやイベントのお手伝いをしてお寺の人たちとも仲良くなって、ご縁があって私は住職に日本語を教えている。教えているようで実は一緒に勉強させてもらっているのが本当のところです。

お寺に行っているけれど真宗の教えについてはさっぱりわからないことだらけ。お寺の本棚にたくさんの日本語の仏教関係の本があるので住職に借りてもいいかと尋ねたら、どうぞどうぞ、読むひとはだれもいないのでということだった。ここでは日本語の本を読むひとがいないに等しい。日系人も3世になると英語しか話せない読めないひとが多い。ということで3、4冊早速借りてみて読んで驚いた!知らないことだれけ!

私は小川一乗さんの書かれたものを好んで借りた。この方が書かれた新聞の記事を以前読んで名前覚えていたからだ。『寺をひらく』というご著書のなかに”理想の社会とは”というのがあった。その項目を読んでいくうちに私は大変共感し、なっとこできることがあったのでここに紹介したいと思います。
***
 いのちの平等という思想はこれから主張していかなければならない大きな課題ですけれども、残念ながら現在まではそうではない。やはり西欧において成立した合理主義によって人間の命が左右されているのが今の現状です。
 先程、最初に申しましたように、男女の産み分けであるとか、身体障害になるような胎児はうまないとか、そういったところで命の誕生が、生きている人間の都合で決められている。ですから、身体の不自由な胎児や障害のある胎児は生まれる前に排除されています。そして死ぬということも、役に立たないものはどんどん排除していって、役に立つもののために役立てようという(臓器移植などの話)、そういう合理主義が人間の命というものを支配しています。そしてそういうな中で、いいものだけを残していく。そしていいものだけが残ったところに理想的な社会ができるんだという考え方が合理主義です。
 しかし、仏教はそういう世界を理想社会とは言わないのです。仏教はどんな生まれであろうが、或いはからだに障害があろうが、脳に障害があろうがその人たちがお互いに人間として同等に生きられる社会をつくっていく。縁のままにいただいた命を生き切っていく、そういう社会を作っていくというのが仏教の理想です。
 だから西欧の合理主義における理想的な社会と仏教における理想的な社会とは全く違うわけです。都合の悪いものは排除して、都合の良いものだけを残すのがいい社会だというのが合理主義です。むかし、あるタレントさんが『りんご箱に腐ったりんごが1つあったら、全部腐るから、腐ったりんごを排除したらいいんだ』という発言をして大変なひんしゅくをかったことがあります。なぜならば、どのりんごも最後にはみんな腐るのです。差別したものは必ず差別されるのです。そのことがわかっていなかったのですね、その人は。差別をすれば必ず差別されていく。それが合理主義の世界です。それは都合のいいものだけを残して、都合の悪いものは排除していくという発想です。わたしたちも近代の学問、近代の知性を教えられていますから、どうしてもその発想に陥ります。都合のいいものだけあったらいいなあと。日本でも古くから『福はうち、鬼は外』というのがあります。しかし、仏教では違います。『福もうち、鬼もうち』なんです。そこに本当の世界があるのです。
 ですからはからずもの縁によって体の不自由なうまれをした人も、はからずもの縁によって脳に障害のある人も、はからずもの縁によって健常にうまれた人も、みんな手を取り合って生きる。そういう世界を仏教では理想としているということです。
 このことについては、仏教ということとは全然関係なしに、そういうことが大事だということを教えてくれた先生がおりまして、熊本大学の水俣病に長く関わってきた医者で、原田正純という先生がいます。大谷大学の同窓会が主催したシンポジウムが熊本で開かれましたその時に、その原田先生と私でシンポジウムを行ったのです、そのときに原田先生は言っていました。ベトナムではベトナム戦争のときにアメリカ軍によって枯れ葉剤がまかれて、身体に障害のあるある子供がいっぱい生まれました。
 それで先生がその調査のためにベトナムへ行ったときに『日本には体内にいる赤ちゃんを見分ける機械ができている。それを是非欲しい』と言われた。なぜ欲しいのかと聞くと。『枯れ葉剤の影響でどうしても奇形児がうまれる。だから奇形児だとわかったら排除したい。奇形児がうまれないで正常な子供だけ生まれることを見分けるためにその機械がほしい。』と言ったと。それで先生は、『その機械を買って送ることぐらいは簡単だけれどども、その話をきいてたらとても送れない。そんなことのために使うということがわかっていながらその機械を送ることができなかった』と。
 生きている人間の都合で、そういう生まれについて都合よく分けていくということは、本当にいいことなのだろうか。それが医学がしていいことなのだろうか、そのことに非常に深い疑問を持ったというんですね。
 またこういう話もされました。水俣病で二十歳で亡くなった娘さんのことですけれども、その娘さんは生まれてから20年間”あ”とか”う”とかしか言えないで、寝たきりの生涯を閉じられた。しかし、その娘さんが生まれたことによって、おかあさんのなかにあった公害の毒素といいましょうか、水俣病になる毒素をその娘さんが吸い取ってしまったのです。そのおかげでお母さんは健在なのです。そのご、二番目三番目と子供さんが生まれましたが、後に生まれた子供さんは達は健常に生まれて、その長女の娘さんだけが水俣病で”あ”とか”う”とかしかいえない中で、20年間の命を終えていった。
 そのお母さんは、『この子が私の毒素を全部吸い取ってくれた』と言って。死ぬまでそれこそ本当に感謝しながらその娘さんの世話をした。後から生まれたお子さんも『お姉さんのおかげ』といって、看病するのを厭わないで進んで看病した。その子の20年間は生きている価値がなかったのだろうか。原田先生は『ものすごく価値がある。』というわけです。
 胎内にいるときからその子を排除していたら。優しいいたわりとか、感謝とか、そういったものは子供さんやお母さんの中に出てきません。その娘さんを看病していくということは、大変な苦労でしょうが、そういう水俣病にかかった寝たきりの娘さんを抱えたがために、人間としての、いのちの大切さとか、いたわりあう心とか、助け合うことの大切さとか、いろいろな事柄を学ぶことができたのであり、この子は仏様だと言って、その娘さんをみんなが大切にした。その20年間の障害を価値がないと誰がいえますか。原田先生はそう言っていました。そういうことを考えてくださる医者がいるんだなあと思うと大変嬉しくなりました。
 からだが不自由であろうが、寝たきりであろうがいのちには全て平等の価値がある。平等の尊さがある。そのことによってみんなが生かされていくというか、そういう世界が、仏教が求めている理想的な社会のあり方の具体的なことではないかと思います。お互いに感謝しあい、お互いに喜び合い、お互いに尊びあいながら、20年間をすごしたという、そこに人間の理想世界というか、浄土といっても良いでしょう。そういうものが実現されていった。そういう仏教の世界においては都合の悪いものは排除するというのはとんでもないのであってそこに光輝く世界が開かれてくる、それを理想の世界としていく。そういうことを仏法が求めているのであって、決して今の世界を覆っている合理主義的な価値あるものと価値なきものを分けていくような考えかたは、基本的には人間自身を不幸にしていくのであり、排除したものは、いつかは必ず排除されるものとなっていく。いつかは差別されるものとなっていくという運命をたどっていくのです。そういうことにたいして、仏教はもっと批判的にキチッと自らの立場を明らかにしていかなければならないかと思います。
***
以上、『寺をひらく』からの抜粋でした。著者の小川さんは仏教の立場から書かれていますが、私はこれを読んで山元加津子さんのご著書のないようや映画『1/4の奇跡』の映画を思い出すのでした。

白雪姫プロジェクト かっこちゃんのメルマガより〜

2015/06/09 13:32 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

白雪姫Pバトン二日目はおはなしについて書きました。
<引用ここから>・・・・・・
白雪姫プロジェクトバトン
障がいのある方、ない方、みんなで幸せになろうという白雪姫プロジェクトの白雪姫
Pバトン。二日間、白雪姫Pのことや、いろいろな幸せについて書いて、二人以上の方
にバトンをお渡ししています。白雪姫プロジェクトは
http://shirayukihime-project.net
そしてメルマガはhttp://www.mag2.com/m/0001012961.htmlからご登録ください。
では、第2日目です。

今日は午前中に、このあいだご連絡をいただいた意識障害の中にあるという方のお父
様が家に見えました。
お父様はとてもおつらそうでした。まだ一年ちょっと。何度も「この家のこんな不幸」
「絵に描いたような不幸」とおっしゃっておられました。どんなにおつらい想いをされ
ているのでしょう。宮ぷーはいつも、「僕が今、幸せということを知ってほしい」と言
います。そういえば、いつも仮装をして、写真を撮ってフェイスブックにあげてほし
いというので、「どうして?」と聞いたら」「僕が幸せだと知ってもらいたい。僕た
ちが生きていて、笑っていていいと知ってもらいたい」と言いました。

夕方宮ぷーのところから戻ってから、お友だちと一緒に、病院にうかがって、息子さ
んにお会いしたら、とてもはっきりとした目をしておられて、私のちーちゃんのお話
しをよく聞いてくださったし、瞬きをしてというと、瞬きをしようと何度もして、確
かに目を動かしておられたし、口を動かしてみせてとお母様がおっしゃったときも口
を動かしておられたし、妹さんがこられて、ご自分のお子さんの話をされたら、満面
の笑顔をされていました。それでも、お父様は「わかってるのかな」なんておっ
しゃって、「もうそれは確かですよ」というと、「医者は、息子の笑顔を見せて、わ
かってるでしょう?と尋ねると、どう思われても勝手だけど、でもそう思われたいな
らどうぞなんて言うのだ」。でも私は、お医者様はお医者様の立場でおっしゃるけれ
ど、でも、目の前で笑っておられる息子さんがおられる。どちらを信じますか?ご自
身を信じたらそれでいいのだと思いますとお話ししました。

そして、応援をさせていただくことにしました。今日は介護法もお伝えできたし、み
なさんがよかったよかったと言ってくださったのです。
私はまず息子さんと、会話の方法を探したいです。
白雪姫プロジェクトでは「おはなしだいすき」などのページの中でいろいろな会話の
方法をお伝えしています。
まず、自分の意思でどこか動かせる場所がないか探します。
もしどこか一カ所でもわずかに動けば、「あかさたなスキャン」と言う方法がありま
す。あかさたなはまやらわ・・と唱えて、会話相手に伝えて、文字を選択してもらっ
て、言葉をつくっていく方法。それができれば、意思伝達装置、レッツチャットが使
えます。動く場所にスイッチをつけて、機械があかさたなとスキャンをしてくれて選
びます。その他にもたくさんの意思伝達装置をHPでは紹介しています。

また、文字や言葉が難しくても、絵カードなどで想いをつたえられるようにと「おは
なしのーと」がフリーでダウンロードできるようになっています。これはたくさんの
イラストレーターやデザイナーの方が協力してくださって作られました。
それから、指談という方法もあります。ぜひ、白雪姫プロジェクトをみていただいた
り、ご相談いただけたらと思います。
<引用ここまで>・・・・・・

バトンを受け取っても、どうぞ、受け取るか断るかはご自分のお気持ちで決めてくだ
さいね。違う方法で伝えたいという方もおられるでしょう。そしてフェイスブックも
していないからという方もおられます。大切なことは知っていただくこと。できるこ
とをすることと私は思っています。
そしてもし受け取っていただけたら、予定があるので、次の方にあらかじめ、何日と
何日をお願いしますねと言ってお渡し願います。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと、リハビリのやり方を
工夫することで回復していくことをみんなにお知らせすること。その願いの実現に近
づくようにこのメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いし
ます。詳しいことは、こちらのページをお読みください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
(関連ページ)
宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/
おはなしだいすき http://ohanashi-daisuki.com/
白雪姫プロジェクト http://shirayukihime-project.net/
~~~~~~~~~~~~~~
このメールに返信で感想を送れない場合は、以下のアドレスにお送りください。
hoshinohitotsu@bcb.bai.ne.jp$ (注記:最後の$マークを消して送信下さい)
メルマガに載せることに支障があるときには、そのこともお伝えください。
◎宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001012961/index.html

白雪姫プロジェクト かっこちゃんのメルマガより〜

2015/06/09 13:29 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

第2133号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   2015年6月8日現在 参加者人数6393人
 「6/8昨日の宮ぷー」      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


昨日は白雪姫Pバトンの最初の日でした。
下のメールをフェイスブックに書きました。
<引用ここから>・・・・・・
白雪姫プロジェクトバトン

障がいのある方、ない方、みんなで幸せになろうという白雪姫プロジェクトの白雪姫
Pバトン。二日間、白雪姫Pのことや、いろいろな幸せについて書いて、二人以上の
方にバトンをお渡ししています。白雪姫プロジェクトは  
http://shirayukihime-project.net
またメルマガ宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくとの登録は
http://www.mag2.com/m/0001012961.htmlです。
では、第1日目です。

白雪姫プロジェクトは、みんなで一緒に幸せにいきていこうというプロジェクトです。
白雪姫Pの最初には
・・・・・
病気や事故のために、意識が無く、回復の見込みが少ないと思われてきた「植物状態」
と言われる人たちが世界に何十万人もいるといわれています。その方たちは、これま
で、ベッドで長い間寝たままの生活を送ってこられました。けれど、意識を取り戻し、
食べる、思いを伝えるなどの生活行動を取り戻すための方法があることがわかってき
ました。白雪姫プロジェクトは、回復の方法や、それにつながる意思伝達の方法、口
から食事をとること、リハビリの方法、介護の方法などの情報を集め広めるプロジェ
クトです。私たちは「誰もが思いを持っていて、回復する可能性がある」ということ
が当たり前になっていく世界をめざします。

 白雪姫は王子さまの愛によって、目覚めることができました。そして白雪姫は森の
動物やこびとたちともすぐに仲良しになりました。私たちは、国や肌の色の違い、体
の大きさや背の高さの違い、宗教や、性別や、障がいのあるなしや、考え方など、い
ろいろな違いがあります。でも、その違いはとても素敵なこと。ひとりひとりがみん
な素敵で大切な存在であり、お互いに尊重して誠実に向き合って、みんなで幸せに生
きていくことも考えていきます。
・・・・・
と書いてあります。みんなで幸せになっていく方法を考えて行きたいです。

 このHPの中に、お尋ねフォームがあります。
今、意識障害の方のご家族などで、白雪姫Pを必要な方は、ぜひ、このフォームか
らご相談いただけたらなあと思います。
 山元加津子がお返事をさせていただきますが、いろいろな方面の専門家の方が、応
援をしてくださっています。回復のことは、看護師さんや、お医者さん、またリハビ
リのお医者さんに、それから、意思伝達のことは、スイッチを作っている方や、
レッツチャットの専門家や、指談を広めておられる方、介護法を地域でしてくださっ
ている方にも教えていただいたり、応援をお願いすることもあります。また、白雪姫
と仲間たちのメーリングリストもあり、そこでも、仲間のみなさんと質問をしたり、
励まし合うこともできます。http://shirayukihime-project.net/shirayukihime_ml.html
また、多くの方に白雪姫プロジェクトを知っていただいて、回復する可能性があるん
だということや、みんなに想いがあるのだということを常識にしたいのです。どうぞ
シェアをお願いいたします。必要な方に届きますように。

バイリンガル教育の難しさ

2015/06/09 07:18 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

またまたご無沙汰になっていました。そうこうしているうちに太郎は2年生として最後の1週間を残すところとなりました。長い夏休み明けには3年生になる予定です。

相変わらず問題の多いクラスで後半になってやっぱり親たちは不安のあまり立ち上がりました。先日のミーティングで担任の先生から我がクラスの勉強の進み具合やレベルのことを報告されたからです。先生のお話では1年生の頃とあまり変わらず、約4割が2年生の学力レベルに到達していないという報告でした。勉強もですがお行儀もあまり良くない。一般的にほかの2年生(隣の英語だけの2クラス)にくらべてWriteing(書くこと)、Reading(読むこと)のレベルの差がかなりあるということでした。スペイン語のバイリンガル教育なので多少は大目に見てもらえるハズですが、その差が大きすぎて黄色信号から赤信号に点灯し始めました。

私の他に4、5人の親たちもボランティアをしてこのクラスを支えています。それでもレベルに到達しない。だからと言って子供達は後退しているわけではなくちゃんとゆっくりながら前進しているのです。それでも褒めてもらえずこのままだと3年生になったらどうなるの???という緊急ミィーテングがまたありました。親側はでスクール ディストリックにもっと副担任やヘルプの先生を要請しますが予算の関係で1クラス1人の先生しか無理という現状。生徒数は日本人が聞いたらびっくりするかもしれませんが太郎のクラスで18人しかいません。それでももう一人先生が必要な状況というのはわかっていただけるでしょうか?

あまりにも生徒のレベルや学習速度が違いすぎる。そのうえ、学習障害があるとわかった生徒もいる。子供達はみんな先生のアドバイスが欲しくて始終、先生を呼んでいる状態。先生は本当に大変ですが色々工夫して力を尽くしてくださっています。それをどの親も認めているので先生が悪いという親、子供達は一人もいないのです。他の学校の話では先生が悪くて問題だという話を聞いたことがありますがうちは一体誰が悪いのでしょうか?という問題です。

みんなが一生懸命やっても思うように成果が上がらないのは何かが違うのですよね。ある、お母さんがスクールディストリック(公立学校の区域の統括事務所)に親たちの著名の入った手紙を出そうと言い出して私たちはできることをやり始めました。昨日の日曜日の午後はスクールボーダーの(ディストリックの役員)一人とカフェで話し合い手紙を手渡ししました。彼は学校関係者というより地味なエミネムみたいなラッパーの若いお兄ちゃんという感じの人で、正直私はすごくびっくりしたのでした。



エミネムみたいなスクールボーダーさんは私たちの親の話を丁寧に聞いてくれましたが実際私たちの要望が通るかは難しいがこういう方法があるなどと的確なアドバイスと励ましをくれました。

私は英語がわからないので行ってもしょうがないかと思っていましたが行ってよかった。エミネムのようなスクールボーダーさんは私たちの他にも2、3のお客さんがありました。多分、他の学校の親御さんでしょう。このスクールボーダーさんは自分の休みを返上してみんなの話を聞いてくれるのです。すごい人です。感謝!

私たちは彼に言われた通り次の行動に出ると思います。頭打ちにならず可能性がある限りやってみる勇気をもらえるのがアメリカのいいところだと思いました。そして私にとってもこれは教育機関と政府の予算などの関係が学べるチャンスだと思いました。

こんな切羽詰まった大変な状況ですが、太郎はいつもと変わらずのびのびやっています。それでいいのだと思います。

出会い

2015/04/05 14:42 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) [Edit]

 もう、4月。今年も雨の少ないカリフォルニアは早くも水不足宣言。アメリカの農業生産のほとんどがカリフォルニアでつくられるからとても心配になる。でも、明日、明後日は雨が降るらしい。季節外れの雨にとても喜んでいるのは私だけではないだろう。

今日の午後、もうすぐ8歳の太郎が『マミー公園に行ってキャッチボールしよう!』と言い出した。近所の公園はかなり広いので家の横の狭いスペースで壁やガラスを気にしながらやるより気楽で楽しいだろうと私も賛成。そしてグローブ、ボールを用意していざ出発という時、太郎は大きなシャベルの手持ちの棒だけが残っている木刀のようなものを持ってきてそれをバットにしたいという。了解。

公園について、バットならぬ棒を振り回し、私のボールを打とうと頑張っている太郎。空振りが続くが私も根気よく彼に打たせやすいようにと考えてボールを投げるがなかなかうまくいかない。そうこうしているうちに少し打ち返すようになってきた。続ければ上手くなるかもしれないなーと思いながら私も昔、近所のソフトボールチームに入って練習していたことを思い出す。その時のグローブを私は太郎に譲って彼が今それを使っている。

丁度、太郎と同じくらいの黒人の男の子が白人のお父さんと私たちのすぐそばでフットボールの投げ合いをしだした。その男の子はなぜか、すぐに飽きてしまってベンチに座っていた2人の白人の女の人のところに行って
しまった。そして彼女たちとその男の子は私たちのところに来て言った。「僕も一緒にベースボールしていい?」そしてその子の近くにいる白人の女の人も一緒にやっていいかを私に確認してきた。思わぬゲストを太郎も私も歓迎した。だってベースボールって2人よりも多い人数の方が楽しいに決まっている。私たちの快諾に黒人の男の子は大喜びの様子。白人の女の人の一人は彼のお母さん、そしてもう一人はおばあちゃんのようだ。

さあ、黒人の男の子名前はジョンくん。太郎とジョンくんとジョンくんのお母さん、おばあちゃんそして私でボーイズチームとガールズチーム(アメリカでは歳を取ってもガールズと言ったりする)に分かれてゲーム開始!ジョンくんはとても上手でヒットを飛ばすし、ボールのキャッチも上手。ジョンくんのお母さんもなかなかうまい!おばあちゃんは歩くのが遅いがボールを投げるコントロールが正確。私も2人に負けないように頑張った。遠くでお友達に出会ったのか、ジョンくんのお父さんは誰かと喋ってこっちを見ていたがガールズチームが優勢になってきて焦ったジョンくんに応援を頼まれ途中参加。太郎も空振りが多いががんばって何本かヒットを飛ばすし。大人と子供一緒に真剣に遊ぶのは私にはとても面白い経験だった。私たちは大いに遊んで楽しかった。

ここまで読んでいただいてこのジョンくんが彼らの養子だということが分かるかもしれない。白人のご夫婦からは白人の子供しか生まれない。何かの事情で養子縁組をされたのだろう。とても上品なご夫婦で社会的地位もある方のように見えたがとても気さくで優しい方達だった。アメリカではさほど珍しいことではないのだけれど、私はやっぱり色々考えてそして納得して勝手な思いだと思うが、この素敵な家族に感動していた。

そして、誰とでもすぐに友達になれる才能がある我が息子にも感動していた。ジョンくんの家族も太郎のことを気に入ってくださったようだ。太郎はどちらかというと器用な方ではない。学校でも新しいことを習って、特に数学の新しいことを理解するときに人よりも時間がかかるときがある。スポーツもバスケットボールのチームに入って頑張っていたがおせいじにもうまいとは言えない。右左が未だにはっきりしないなど色々成長を待っていることが多いのだけど、知らない子供にあってもすぐに声をかけて友達になってしまう。これは誰にも負けないかもしれないなと思う。

一期一会の出会いだけど、今日は太郎のおかげでとても楽しい気分。幸せな気分になった。人と人の出会いはとても素敵。私はシャイな方なのだけど太郎がどんどん私を引っ張って社交的にしてくれているのかもしれない。ありがとう太郎!

プロフィール

お多福ちゃん

Author:お多福ちゃん
ゆかり マッカーシー 2006年
結婚を機にアメリカ カリフォルニア バークレーに住む。 山元加津子さんの「白雪姫プロジェクト」に賛同し応援するために苦手なPCと向き合いブログを始める。下の「白雪姫プロジェクト」をクリックしてください!

カテゴリ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR

copyright © 2017 バークレイ お多福 all rights reserved. [Login]
   Template by ultrapanch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。